デジタル

『魔界村』のアーサーに『ロックマンX』のエックス、アイアンマンにスパイダーマン! ゲームとアメコミの夢の共闘!!

卯月鮎

卯月鮎

ゲームコラムニスト・卯月鮎の絶対夢中★ゲーム&アプリ週報


【MARVEL VS. CAPCOM: INFINITE(マーベル VS. カプコン:インフィニット)】
PS4、Xbox One、PC/カプコン/スタンダード・エディション:PS4パッケージ版6990円+税、PS4デジタル版6472円+税、Xbox Oneデジタル版6481円+税、PCデジタル版6472円+税、デラックス・エディション:PS4版9250円+税、XboxOne版9259円+税、PC版9250円+税/9月21日発売予定

MARVEL VS. CAPCOM: INFINITE(マーベル VS. カプコン:インフィニット)

マーベルヒーローとカプコンキャラが集結!


 『マーベル VS. カプコン:インフィニット』が9月21日に発売されます。シリーズとしては2011年11月に『アルティメット マーヴル VS.カプコン3』が出て以来、約6年ぶりとなる久々の新作。アメコミファン、マーベルファンにとっては「よっ、待ってました!」といった感じでしょうか。

 「マーベル・コミック」は、「DCコミックス」と並ぶアメコミ出版社。1939年に「タイムリー・コミックス」という名前で設立され、1957年にマーベル・コミックに改称。『スパイダーマン』『キャプテン・アメリカ』『ハルク』『アイアンマン』……など、そうそうたるヒーローを生み出してきました。

 一方カプコンはご存じの通り、格闘ゲームやアクションゲームを得意とする大阪のゲーム会社。『魔界村』『ロックマン』『ファイナルファイト』『ストリートファイターII』『バイオハザード』『モンスターハンター』……と、こちらもきら星のごとくヒット作をリリースしています。

 そのマーベルとカプコンのそれぞれのキャラが大集結するのが本シリーズ。今回はバトルシステムが3on3から2on2へと変更となり、より2キャラのタッグがクローズアップされています。

次のページ 
マーベル完全監修のオリジナルストーリーは必見!

1
2




おすすめ記事