エンタメ

中森明菜が2位、小泉今日子は? デートしたい“花の82年組アイドル”TOP10

 11月16日号の『女性セブン』にて、小泉今日子(51)と豊原功補(52)がデートする姿が報じられた。2人は都内の喫茶店で談笑したのち、ドラッグストアで日用品を購入。マンションに向かっていったという。そんな小泉といえば、“花の82年組アイドル”だ。

 アイドル全盛期だった’80~’90年代。なかでも1982年にデビューしたアイドルは“花の82年組”と呼ばれ、中森明菜や松本伊代、堀ちえみなど、芸能史に燦然と輝く逸材が揃っていた。当時、まだ若かった彼女たちも現在はアラフィフ。とはいえ、小泉今日子をはじめ、その魅力は今も色褪せない。今回の報道を見て、ぶっちゃけ「デートしたい」と考えたひとも少なくないはず。そこで今回は、全国の男性100人が選ぶ「デートしたいと思う花の82年組アイドル」TOP10を発表!

デート

デートしたいと思う“花の82年組アイドル”TOP10


 そんなワケで、“花の82年組アイドル”にかんする意識調査を敢行。日刊SPA!取材班が個人的にもデートしてみたい女性を含む26名の芸能人をピックアップし、全国の40~60歳の男性100人に対してアンケートを実施した。10位までのランキングをお届けする!

=======
Q.デートしたいと思う“花の82年組アイドル”はだれ?(5つ選択)

10位 松本伊代 9人
9位 北原佐和子 12人
7位 伊藤さやか 15人
7位 堀ちえみ 15人
6位 三田寛子 18人
=======

 まずは、10位に松本伊代。「センチメンタル・ジャーニー」でデビュー。「伊代はまだ16だから~」というフレーズぐらいは今の若者たちでも聞いたことがあるだろう。近年は夫のヒロミが再ブレイクを果たし、彼女の天然エピソードがテレビで語られることも多いので、今回の結果は注目が高まっている証拠か。現在は同世代の早見優、森口博子と共にコンサートなども行っている。

 9位は北原佐和子。同じ事務所に所属していた真鍋ちえみ、三井比佐子と共にアイドルユニット、パンジーが結成され、自身の18歳の誕生日(1982年3月19日)に「マイ・ボーイフレンド」で歌手としてソロデビューした。

 同率で7位となったのが伊藤さやか堀ちえみだ。伊藤は、あだち充の漫画をドラマ化した「陽あたり良好!」でヒロインの岸本かすみ役に抜擢され注目を集めると、1982年5月「天使と悪魔~ナンパされたい編」で歌手デビューした。

「当時流行したのが松田聖子の“聖子ちゃんカット”。そのなかでもショートカットでデビューした伊藤は、異色の存在でした」(東京都・52歳)

堀ちえみ

画像は、本人の公式ブログより

 堀は、1981年の第6回ホリプロタレントスカウトキャラバンで芸能界入り。翌年デビューした。人気絶頂だった20歳の誕生日を迎えた直後に電撃引退。その後は復活を果たし、2度の離婚と3度の結婚を経験するなど、芸能界を賑わせてきた。今年3月にはブログで難病を患っていることを告白した。そんな堀に対しては、「いまも童顔でカワイイ」(長野県・43歳)、「気取ってなさそうなところがいい」(埼玉県・55歳)などのコメントがついた。

 6位は、アイドルとしてデビュー後、「笑っていいとも!」では天然ぶりを発揮していたが、現在は“梨園の妻”として評判の三田寛子だ。

 歌舞伎役者の夫が昨年、中村芝翫を襲名。3人の息子が四代目橋之助、三代目福之助、四代目歌之助を同時に襲名した。歌舞伎の世界は、独特のしきたりなどをはじめ、梨園の妻には器量が求められることで知られている。その役割を務め上げていることから、三田は知的なイメージが強い。

「聡明な彼女となら、賢く楽しいデートができそうだから」(千葉県・58歳)

 続いて、TOP5を発表していこう。

次のページ 
小泉今日子は何位?

1
2




おすすめ記事