恋愛・結婚

交際クラブの男女比は1対6? 関係者が明かす「パパ活ガールとあしながおじさん」の生態

パパ活 経済的に余裕のある中高年の男性が若い女性とデートをし、金銭的な援助を行う「パパ活」。メディアで取り上げられ、スマホやSNSの普及によって誰でも簡単にパパを探せるようになったことから、「パパ活市場」に新規参入する若い女子が急増中だ。

 出会いを求める女性が増えるあまり、男女比で見れば圧倒的に女性が多い。その割合は「1対6」とまで言われ、完全に男性有利な買い手市場。それゆえ、男性目線ではボーナスステージと言うべき現象が今、起きているのだ。

「最近は初めて交際クラブに登録する、という子がものすごく増えてますね。つい先日には、パパ活を題材にしたドラマを観たことがきっかけで面接に来た子もいました。野島伸司さん脚本というから、驚きですよ」

 そう語るのは、交際クラブ「私のあしながおじさん」代表の稲村勇作氏。現在のパパ活市場では、複数の交際クラブに登録する“プロ愛人”も散見されるが、同クラブの登録女性はパパ活未体験者がほとんど。その内訳は、20代のOLや女子大生が過半数を占めている。

「交際クラブに登録するような目の肥えた男性は、スレてない素人感を何より重視します。なので、ウチはスカウトマンは使わず、Webマーケティングを駆使して女性会員を集めてるんですよ」

素人女性が続々、登録中

「初めて交際クラブに登録しました。どんな関係になるかは、一度お会いしてから決めたい」と話す、27歳OL。女優とみまごうばかりの美さだ

マッチング成約の半分を占める「ラブレター機能」


 彼女たちは、お金だけが目当てで交際クラブに集まるのではなかった。生活の潤い以外に「独立」や「起業」といった前向きな理由や自己投資への支援を求めていることが多い。

「社会的ステータスのある男性に、人生の先輩としてビジネスや経営のノウハウを求める女性も多くいます。そのため、私たちは従来の交際クラブのように金銭的な繋がりだけでなく、互いのニーズにマッチする相手を紹介できることを心がけています。“あしながおじさん”として、女性に頼られるような関係が理想ですね」(稲村氏)

 マッチングの精度を上げるため、サイトには様々な工夫が凝らされている。これまでの交際クラブでは、男性会員が女性のプロフィールを見てオファーをするのが一般的だったが、女性サイドからのオファーを可能にした「ラブレター」機能は斬新。気になった男性に、女性の方からの積極的アプローチを可能にしたこの機能は、業界初の試みだ。

「女性から男性に『あなたと会いたい』というオファーを送るのですが、これが大変評判よくて。『自分に興味を持った女性から連絡をもらえて嬉しい』『たくさんの会員女性から選ぶ手間が大幅に省ける』と男性会員からも好評です」(稲村氏)

女性会員からラブレターが届く!

女性側も、HP上から男性会員のプロフィールを観ることができる。そこで「いいな」と思われれば、ラブレターという形でアプローチが来る仕組みになっている

 男の数は35億と言われるが、パパ活女子から見れば少ない男性会員を取り合いにいく現在の市場は「待たない、探すの」といった具合だろう。ちなみに女性からラブレターをもらい、実際に会うことになった場合、男性の負担する紹介料は3分の2程度にまでディスカウントされるというのも大きな魅力だ。

 もちろんアプローチしてきた女性のプロフィールは、動画でも確認できる。これは、「実際に会ったら写真とは違った…」というパネマジの不幸を回避できる以外にも利点がある。女性の声や話し方、仕草がわかるので、実際の雰囲気をリアルに想像しやすいのだ。

 空き日程から相手を選べる「自動セッティングカレンダー機能」も注目だ。男女ともに自分が空いている日程をカレンダーに入力し、空いているスケジュールから相手を探すことができる。

「これまでの交際クラブでは、セッティングの際には運営側が双方の日程を確認・調整していたので3日から1週間もかかっていた。その間に互いの気持ちが冷めて、肝心のデートが盛り上がらない、ということもありましたが、これならば最短で即日のセッティングも可能です」(稲盛氏)

 どんなに相性が良くても、出会えなければ意味がない。大人の男女には「出会うタイミング」も重要なのだ。

 交際クラブならではの面接官による丁寧なヒアリングに加え、マッチングアプリに勝るとも劣らないスピーディーで効率的な出会いを可能にする交際クラブ。その進化のほどを目の当たりにしてみてはいかがだろう。

私のあしながおじさん

300名以上が登録する大手交際クラブ。さまざまな機能を追加し、理想の女性と出会える仕組みが整っている

●私のあしながおじさん
https://dating-daddy.com/




おすすめ記事