恋愛・結婚

大ブームの交際クラブ。データで読み解く登録女性の目的・心理・エッチ度とは!?

私のあしながおじさん

会員数が急増中の大手交際クラブ。登録時には面接を徹底するなど、個人情報管理に余念がない

 社会的、経済的に余裕のある男性とサポートを求める若い女性との自由恋愛の場を提供する「交際クラブ」。食事やデートを楽しみ、時に一線も越える「パパ活」の主戦場には、いったいどんな女性たちがいるのだろう。気になったので、調べてみた。

 交際クラブに登録している女性たち400人を対象に実施したアンケート結果を本誌は入手した。この調査によると「交際クラブに登録するのが初めて」という女性は、全体の6割強。彼女たちの4分の3以上は学生やOL、ネイリストなどの専門職と「昼の仕事」を持っている女性のようだ。

登録女性のアンケート結果

約400人の交際クラブ登録女性に行ったアンケート結果。

 年齢別に見ると、20代が全体の7割近くに及んでいることからも、現在のパパ活市場には、若い素人女性の新規参入者が多いことがうかがえる。

 とはいえ、やはり気になるのは、サクラやデート商法などの詐欺、美人局などのトラブルだ。都内を中心に数百人の女性会員を擁する大手交際クラブ「私のあしながおじさん」代表の稲村勇作氏に話を聞いた。

「そもそも交際クラブを運営する際には、東京都の『デートクラブ営業等の規制に関する条例』により届出が必要。また弊社では男女とも登録時にはスタッフが面談を行います。その際に身分証を確認するので、詐欺などのトラブルが回避できる。危なそうな人は入れませんから。これが出会い系との最大の違いですね」

 面談では容姿だけでなく、礼儀やマナー、話し方など内面に関しても厳しい審査を課す。

「男性会員に紹介できる基準に見合わない場合には、採用を見送ることもあります」

 また年代によっては、写真での一次審査も課されており、面談の場では女性のスリーサイズをスタッフが実際に測定。プロフィールに反映させる徹底ぶりだ。

「質の高い女性とリスクなく出会えるという理由から、30~40代の既婚男性が登録するケースも多いですね。男性の若年化から最近では、パパ活ならぬ“兄活”とも言われています」

私のあしながおじさんHP

女性にとって、自己実現の手段ともなっている交際クラブ。金銭だけでなく、社会経験豊富な男性のスキルを目当てにする人も意外なほど多い。

 仕事も多忙になり、異性との出会いも少なくなる中年世代にとって、交際クラブでの出会いは安心感や安全性だけでなく、効率の良さも魅力的だ。

「キャバクラに行ってお気に入りの嬢を指名し、同伴やアフターなど時間とお金をかけて口説くよりも、交際クラブは、あらかじめ大人の自由恋愛が保証されているのでコスパがいい。また最近では、1対1の出会いだけでなく、2対2の合コンや接待など“その後の交際”も含めたパーティー形式で、交際クラブを利用する男性会員も増えてきています」

 かつてないほどの盛り上がりを見せるパパ活市場において「私のあしながおじさん」では、従来の交際クラブには見られなかったオリジナルの仕掛けを実装。もっとも好評なのは、女性から男性に「会いたい」という意思を提示したラブレターを送る機能だ。これまでの交際クラブでは、男性側からセッティングを依頼するだけだったが、これは女性からのオファーを可能にした業界初の試み。

lovelatter

女性から届くラブレターに、心が動かされる。

「女性から連絡が来るのは、シンプルに嬉しい。紹介料が3分の2程度に抑えられるのも魅力的です」(30代男性、IT会社経営)

「ラブレター機能を使って、思い切って自分からアプローチしました。最初は少し緊張しましたが、自分では絶対に行けないような六本木の会員制バーに連れて行ってもらって、日常とは違う刺激的な時間を過ごしました」(20代女性、ネイリスト)

 また趣味や職業など30種以上のプロフィール項目を元に相手との相性を数値化した「マッチング機能」も見逃せない。

「同じ趣味の女性を紹介してもらいました。会ってすぐに乗馬の話で意気投合し、来週は北海道へ乗馬旅行に行く約束をしています」(50代男性、不動産業)

「自分は今、管理職のポストにいるので、若い女性たちの話を聞く機会はなかなかない。こちらでは、普段秘書をしている女性を紹介してもらったのですが、なにげない日常生活の話を聞けるのも楽しい。会ったときには僕が寝るまでホテルの部屋でゆっくり過ごしてくれたりと、これからは私設秘書としてもお願いしたいと思います」(50代男性、会社役員)

佐藤りささん(33歳・OL)

ゴルフデートを一緒に楽しみたいという佐藤さん。普段は事務員としてOL務め。「夜はSもMも大好き」だとか。

 また登録女性の中には、生活のサポート以外に年上男性からのアドバイスや経験、知識を求めることが多いという。

「今は会社員ですが、将来独立して、起業したいので年上の方の話を聞きたい」(20代、IT関連)

「まだ結婚2年目なのですが、早くも夫とはレス気味に。悶々としていた際にこの交際クラブに登録して、40代の既婚男性を紹介してもらいました。家庭の愚痴や悩みを聞いてもらってスッキリしたせいか、今は夫婦生活も円満に(笑)」(20代女性、看護師)

松本りえさん(29歳・OL)

デート経験がまだ少ない松本さんは、気の合う男性と国内の小旅行に出かけてみたいそう。

 外見のみならず、相手の内面や遊び方、ライフスタイルなど多様な観点から大人のニーズをマッチングさせる交際クラブ。この春は、大人の恋の花を咲かせては、いかがだろう。

私のあしながおじさん
https://dating-daddy.com/
電話番号/0120-663-558




おすすめ記事