雑学

自衛隊員のアニメオタク化が進行中!? 「規律違反でも“痛枕”で寝たい!」

 体育会系のイメージが極めて強い自衛隊。しかしそんな自衛隊のイメージをくつがえすように、営内(寮)に美少女キャラがプリントされた抱き枕を持ち込む隊員や、訓練中にアニソンを歌い出す班長がいるなど、組織内でアニメオタク化が進行しているという。

 今回は二人の元自衛官の証言を元に、アニメオタク化する自衛隊の内部事情に迫りたい。

美少女キャラのプリントされた“痛枕”で寝る強者も!?


 2年前まで海上自衛隊にいた鈴木守さん(仮名・20代後半)は、「営内で美少女キャラがプリントされたいわゆる“痛”枕を就寝時に使用していた」と話す。彼は当時のことを振り返り、痛枕を使用するまでの経緯をこのように語る。

「教育隊にいた頃、同期にアニメ『ラブライブ!』が大好きな友人がいて、ある日突然彼から『痛枕とか持ってる?』と聞かれたのが始まりでした。そのとき、『実家にあるよ!』と答えたら『痛枕が営内にあったら最高じゃん!』と話が弾み、外出許可が下りたとき、秋葉原に枕カバーを買いに行ったのが始まりです」

 鈴木さんは、最初は痛枕カバーを眺めるだけで満足していたが、そのうち大好きなキャラと一緒に寝たいという気持ちが高まり、枕本体の購入まで検討するようになった。そんな彼らであったが、ある問題に直面する。それは、基地内にネットショッピングなどで購入した物の配送が認められていないということだった。

痛枕

キャラがプリントされた痛枕(※編集部私物)

 しかし、彼らは試行錯誤の末、ある方法で枕本体を基地に持ち込むことに成功する。

「偶然基地が実家の近くにあり、その立地条件を利用して実家に枕の本体を配送、外出可能なタイミングを見計らい、それを実家まで取りに行きました。こうして、なんとか基地内に持ち込むことが出来たんです」

 枕カバーと枕本体の合体に成功した彼らだが、そのオタク的行為はさらにエスカレートしていく。休日は痛枕カバーを見せびらかすようにカーテン代わりにする、ポスターのように壁に貼り付けるなど、やりたい放題していたという。

 このようにオタクライフを満喫していた鈴木さんたちだが、自衛隊と言えば規律が厳しいというイメージがある。果たして彼らの行為は許されるものであったのか?

 その答えはNOだ。教育隊では痛枕カバーやアニメグッズの持ち込みは禁止されており、もし持ち込んでいることが知られた場合、没収されてしまう。また、教育隊では、班長が定められた時間に営内を見回りする点呼というものがあり、これは起床時に行われる。就寝時、痛枕を使用していた彼らは、起床時間の10分前には起き、点呼前に枕をベッドの下に隠していたと話す。

 毎朝、枕を隠すことが日課だった鈴木さんだが、一度だけ枕を没収されそうになったことがある。

「通常の点呼のほかに、非常呼集というものがありました。非常呼集は災害など有事を想定した訓練であり、通常の点呼と違って突然班長が営内にやってきます。ある晩、いつものように痛枕を抱いて寝ていたら、いきなり班長に叩き起こされました。そのとき、私は咄嗟に枕を掛け布団の中に潜り込ませました。なんとか難を逃れましたが、危なかったですね」

 うまく痛枕の存在を隠したかのように思えるが、実は痛枕を営内に持ち込んでいたことは班長に知られており、それが判明したのは卒業式のときだった。

「最後に打ち明けようと、班長に自分たちが痛枕を営内に持ち込んでいたことを知っているのか尋ねたら『ああ、知ってるよ』とあっけなく言われました」

 なぜ班長は黙認してくれたのか。衝撃の理由が明かされる。

「枕を没収したら、それを抱えて基地内を歩くのが恥ずかしいだろ」

 その後、教育隊を無事卒業した鈴木さんは部隊に配属され、除隊するまで痛枕を使用していたそうだ。

次のページ 
そもそもアニメグッズの持ち込みはOKなのか?

1
2





おすすめ記事