R-30

ハゲに朗報!毛を生えさせる再生医療PRPって何?

薄毛 多くの男性を悩ませている薄毛。幸い、薄毛治療の分野でも技術はどんどん進化している。

 前回は、超高分解能MRIという撮影技術で髪の毛をMRIでとらえることに成功して、今後、薄毛治療に役立つ可能性があることをお伝えした。

 今回は、薄毛の「再生医療」について。どこまで進んでいるのか、メンズヘルスクリニック東京で男性型脱毛症(AGA)専門外来を担当する小山太郎医師に話を聞いた。

薄毛は薬で治るのか?


「男性であれば進行のスピードに違いがあるものの、みんな年齢とともに生え際や頭頂部で毛が減っていきます。

 男性の精巣では『テストステロン』という男性ホルモンが作られていますが、テストステロンは頭皮で『ジヒドロテストステロン』という別の男性ホルモンに代謝されます。このジヒドロテストステロンが髪の毛を細く、髪の毛の寿命を短くする命令を出すのです。

 男性ホルモンに敏感な髪の毛が、生え際と頭頂部に集中している為、特にこれらの部位で薄毛が進んでいくのです」(小山太郎医師)

 実際は若いうちからジヒドロテストストロンから命令を受け、頭頂部の髪の毛は徐々に細く、寿命が短くなっていっているはずだが、これが外見で分かるようになってくるのが40代頃。早い人であれば20代で薄毛が顕著になってしまうこともあるという。

「頭の皮膚に移動してきたテストステロンがジヒドロテストステロンに代謝されて髪の毛に悪さをしてしまうのです。

 そこで、男性の薄毛治療では5α還元酵素阻害薬という、テストステロンからジヒドロテストステロンへの代謝を抑える薬が用いられています。

 また既に短くなってしまった毛の寿命を延ばす目的でミノキシジルという外用薬も用います。毛の寿命が長くなることで、抜けにくい毛に変わり、毛の本数そのものも増えていきます。」(小山太郎医師)

Kさん40代治療前

Kさん40代治療前

Kさん40代治療1年後

Kさん40代治療1年後(提供:メンズヘルスクリニック東京)

 ただ、薬剤の効果には個人差がある。また永久に増え続けるわけではなく、効果の限界がある。現在注目を浴びている再生医療で毛髪を蘇らすことはできないのであろうか?

「PRP」という再生医療を始めたクリニックも


「毛の細胞を取ってきて、その細胞から毛髪を再生できたら素晴らしいですね。研究は進んでいます。残念ながらまだヒトで応用できる段階には到達していません。

 実際に利用可能な薄毛の再生医療であれば、PRPを用いた治療を取り入れている医療機関は存在します」(小山太郎医師)

prpの仕組みPRP (Platelet Rich Plasma)」とは、血液から得られる「血小板を多量に含んだ血漿(しょう)」のこと。血小板に含まれる成長因子の効能を利用した治療については様々な分野で研究が進んでいる。

次のページ 
PRPはどのぐらい効果があるのか?

1
2




おすすめ記事