マネー

ボートレースで大穴をみつける簡単な方法「鉄板レースのイン逃げ失敗を見抜く」

ボートレース

早朝レースで初心者脱出! スマホアプリで手軽に超大穴を狙う!


 早起きは三文の得というが、ボートレースにおいては、さらにもう一枚徳が乗る。芦屋、徳山、唐津、三国といったボートレース場で行われている朝9時前から始まる「モーニングレース」のことだ。

《モーニングレースって何?》
朝9時前が第1レースとなっており、スマホなどで8時半から投票可能だ。通勤電車での移動中に投票しておけば、始業時間には結果が出ている「働く前改革」が可能。公式アプリを使えば結果通知も◎

 モーニングレースは大本命が1号艇で、初心者でも楽しめるようになっており8割の1号艇が逃げ切っているのだが、逆に考えれば2割は“失敗”しているわけである。1号艇にオッズが集中している状況で負けたとなれば、必然的に大穴決着が待っている。もしこれが、事前に予想できるのだとしたら、数十万円を稼ぐどころではなく、もう会社に行く必要すらないかもしれない。

 ある程度モーニングレースに慣れてきたら、次は第1レースの1号艇が逃げ切れるかどうか、出勤途中にデータを駆使して分析してみたくなるはずだ。そんな前のめりになったサラリーマンたちにとって、頼れるツールがあると、ボートレースの収入で4年間生活しながら、プロ野球の追っかけをし、現在はニコ生を中心にボートレースや競輪など公営競技の予想を配信しているシグナルRight氏は語る。

「実は私のニコ生リスナーやツイッターフォロワーの若者ボートレースファンから重宝されている人気ツールがあるんです。無料スマホアプリの「SMART BOAT DATA24」(以下SBD)ですね。普段自分は細かいデータベースを使って予想しているのですが、『シグナルさんの予想法に必要な情報の簡易版ならコレでいけるんすよ』と逆に教えてもらいました。20代や30代中心のフォロワーオフ会でもみんな使ってて驚きましたね」

スマホアプリの「SMART BOAT DATA24」

スマホアプリの「SMART BOAT DATA24」1号艇が本当に「堅い」のかを見極める。短時間で枠成績を見ることができて通勤中のサラリーマンでも手軽に情報が得られる。

 このSBDアプリを使えば、全ボートレース場の出走表や成績などを一括で見ることができる。レース中継を見られる別のアプリもあり、このアプリシリーズだけで予想からレース中継まで楽しめる。

 ここで、モーニングレースで注目すべき項目は「選手データ」の出走枠番での直近10走成績だ。1号艇が逃げ切れるかどうかの評価ポイントを、次の2点で考えよう。

①直近10走で1着が6回以上(できれば8回以上)あれば逃げ切り濃厚と判断。
②逆に5回以下であれば怪しい


 たったこれだけだ。A級ランクで戦う選手のイン逃げ率は実に6割以上。A級であるにもかかわらずイン勝率が6割を下回るような選手は「2割の失敗」に該当する可能性がグンと上がるのだ。

「2割の失敗」を予想する場合は直近10走の負けパターン、特に負けて何着になっているのかという傾向に注目してほしい。2着が多ければ2−1や4−1という1号艇の2着が有力になる。そして3着以下に沈む負けが2回以上あるようであれば思い切って1号艇を買わないという舟券がオススメだ。モーニングレースの1Rならば、1号艇が2、3着であったとしても、100倍以上の舟券になることはザラなのだ。この“2割”を見抜けば、数十万円どころか100万円も夢ではないのだ。

【シグナルRight氏】
ボートレースと競輪を中心に生活費を稼ぎ野球観戦に明け暮れた過去がある。現在はSPA!ウェブ班に所属しながら個人ニコ生で『公営競技大学』での解説活動をしている。@signalright

― 猿マネギャンブルで30万円勝つ! ―

回収率が飛躍的に上がる3つの馬券メソッド

競馬関連の書籍としては異例の大ヒットとなった、競馬予想家・TAROの『回収率を上げる競馬脳の作り方』の第二弾。





おすすめ記事