雑学

仕事のスキマ時間に実践可能!? スマホ片手の新型ギャンブラーが増殖中

 個人的な考えだが、人には2種類のタイプしかいないと思う。朝に強い朝型と、夜に強い夜型だ。自らがどちらなのかを理解して仕事や恋愛に活かせば、うまくいく確率も上がるはずだ。そしてまた、ギャンブルにおいてもそれは一緒。平等にどちらでもチャンスを与えてくれている。

 今や口座があればネットですぐに投票ができる時代。日中に忙しくて時間がなくとも、朝型ならば出勤途中、夜型ならば残業後と、自分に合った時間に勝負ができるようになった。レース中継はスマホやPCで無料配信されているし、予想情報もレース場公式サイトに行けば無料で得ることができるので、投票・予想情報・レース中継全てがスマホやPCで可能だ。今回はそんな朝と夜に実施されているモーニングレースとミッドナイトレースを掘り下げたい。

通勤

実は通勤途中にモーニングレースへ投票&観戦しているサラリーマンも増えている


出勤前に勝負できるモーニングの世界


 9時前後に第1レースが始まるモーニングレース、毎日どこかで必ず開催されるボートレースのモーニングと、たまに開催されている競輪のモーニングがある。まずはボートレースのモーニングについてだ。

ボートレース

ボートレースのモーニングは1日の始まりにふさわしいシンプルな勝負が可能。唐津のスタート展示で流れる運動会ソングは目覚まし替わりになっている。

《モーニングボートレースのポイント》
・1号艇にA級、ほかはB級のため、まずは「イン逃げ」の成否に集中
・イン逃げ決まるならばヒモ探し、失敗と読めば大穴期待

 ボートレースのモーニング第1レースでは1号艇にA級を配置するため、基本的に「堅い」結果になる。そのため、2着3着にどの選手が入るのかを考える流れになる。A級選手より実力は下がるが、コースの相性、機力などから答えを探しだしてみよう。逃げに絞られているため、展開予想の「詰め」を予想する力を鍛えるには最適なレースだ。

 しかし、イン逃げ天国なモーニングの1レースでも約2割はイン逃げが決まらない。その時には大穴が待っている。決してモーニングレースは本命党だけの世界ではない。展開予想の「詰め」より前の「戦術」を試されるイン逃げ失敗を見抜ければ、超大穴も夢ではない。

次のページ 
競輪のモーニングは好走タイミング狙い

1
2
3





おすすめ記事