エンタメ

キモカワな「まつもと犬」が各地に出現!? 松本人志が仕掛けるAmazon Prime Videoの新番組とは?

 豊富な映像コンテンツを活かした動画配信のみならず、オリジナルコンテンツの制作にも意欲的に取り組んでいるAmazon Prime Videoは、過激すぎる内容や予算的な問題から地上波では実現の難しい企画を番組化して注目を集めている。中でも松本人志がプロデュースした『HITOSHI MATSUMOTO Presents ドキュメンタル』はお笑いファンを中心に口コミからヒット。エッジの利いた内容から業界関係者やクリエーターにもファンが多いことで知られている。

10人の芸人たちが参加費100万円を用意して、密室で6時間、参加者同士が笑わせ合い、最後まで笑わなかった者(相手を笑わせ続けた者)が賞金1000万円を得るというルール。芸人同士の駆け引きや予測不能のサバイバルが話題を呼んだ

 そんな松本が再びAmazon Prime Videoと組んで新しい番組が作られることが明らかになった。番組は『ドキュメンタル』に続く松本企画の第2弾として今秋の配信を予定しているという。

 気になる中身だが、現状、明かされているのは「まつもと犬」という謎のビジュアルイメージのみ。どうやら番組企画の一案として開発されたキャラクターらしいが、見たまんまの松本の顔をしたキモカワなルックスの「まつもと犬」動画は渋谷のハチ公交差点にある5面のビジョンで同時放送されているので、すでに目撃した人もいるかもしれない。「まつもと犬」は東京の渋谷ほか、大阪、名古屋、福岡、札幌でもプロモーションされている。また「まつもと犬」のTwitter公式アカウントもスタートしたので、こちらにも注目したい。

各都市の街頭ビジョンの動画やアドトラックで見ることができる「まつもと犬」のプロモーション。これは新番組の内容を暗示するヒントなのか!?

徐々に明かされる番組内容に注目


 情報が「まつもと犬」のみとあって様々な憶測が飛び交っている新番組だが、記者も勝手に予想してみた。「まつもと犬」にヒントがあると解釈して、ずばり動物バラエティー番組ではないか。とはいえ、松本人志が企画しているのだから、地上波にあるような「動物かわいい」を前面に押し出す内容にはならないだろう。「まつもと犬」のようなクセのあるキャラを軸に動物と絡ませることで新しい笑いを生み出すのではないか。

 気になる番組内容だが、その一部が松本自身から明かされる特番が全2話構成で8月24日から配信予定。まずはそれをチェックしたいところだ。またSNSでは新番組を予想するキャンペーンも実施中。詳細は公式アカウントからの発表をチェックしてみてほしい。

松本人志×Amazon Prime Video
新番組をチェック!


<取材・文/日刊SPA!編集部>

提供:アマゾン・ジャパン合同会社





おすすめ記事