スポーツ

勝SPA!の穴予想は? 本日開催G1寛仁親王牌決勝戦



 今回の見どころをさらに整理しよう。

・今年行われたこれまでのG1では脇本1勝、三谷2勝で近畿が圧倒(あと1勝は新田祐大)
・活きのよい若手の一人、清水裕友の初決勝に中国地区の味方がついてどんなレースをするか
・立ち回りがうまく何度もG1で勝ってきた浅井や平原がどんなマジックを使うか
・自転車競技に忙しい渡邉はこの決勝と、11月のG1しか出走予定がなく、グランプリへ向けてチャンスは少なく1戦勝負

 では実際の予想に入ろう。競輪は走路を何周かする中で、自分の体力と相談して加速を始めるため最初はゆっくりになるが、ペースアップのタイミングを作るためには序盤は列の後ろからレースをするとよいのが基本だ。

 理由は並走しているときに前に出ようと思ったら、外に並走している選手をぶつかってどかさないと出ることができないからだ。ペースアップする前にそういった消耗する動きは基本避けたい。そのため並走の内になったらペースアップの選択権がほぼなくなるのだ。

 そこで、序盤に最初後ろになりそうな外枠になった中国勢(98のライン)からレースは動き始めると見た。その動きをさらに一旦下がってから盛り返す近畿勢(57のライン)を素直に信頼するのを本線にしよう。怖いのは単騎になった二人(1と2)の立ち回りだ。

3連単
7=5-12
12-125-125
12-5-7


 あと穴向けは若手初挑戦の清水選手が見せ場を作る奮闘を見せた場合に8柏野選手の入着が期待できそう。渡辺選手の奮闘で初決勝の6小松崎選手が入着するパターンも含めてこんな穴を考えてみた。

3連単・3連複
235-68-1


 今年は昨年とは打って変わって力をつけた選手が増えてきている。競輪場のなかでも一番スピードが出やすい前橋ドームでのG1、是非楽しんでもらいたい。

文/勝SPA!取材班
勝SPA!

SPA!が運営する日刊SPA!内のギャンブル情報サイト「勝SPA!(かちすぱ)」の取材班。Twitter(@kspa_official
1
2


ハッシュタグ




おすすめ記事