ニュース

暴走するYouTuberと忖度するパチンコライター チキンレース化する来店イベントの行方

POKKA吉田&木曽崇のギャンブル放談<4>

pachinko

大っぴらなイベントは禁止されたが……

 以前のように高設定や甘釘を謳うイベントが実質的に禁止されているパチンコ業界にあって、有名なパチンコ・パチスロライターが店にやって来て実戦するいわゆる「ライターイベント」は最後の頼みの綱になりつつある。そんなライターイベントにおいて、今年の夏、あるトラブルが勃発。そこで当企画、ぱちんこジャーナリスト・POKKA吉田氏とカジノ研究家の木曽崇氏がギャンブルをキーワードに言いたい放題しゃべりまくり、斬りまくる『POKKA吉田&木曽崇のギャンブル放談』では、そんなライターイベントについてぶっ放してもらった。

──今夏のパチンコ・パチスロ業界では、来店イベントに関連してひと盛り上がりがありましたね。YouTuberのシバターさんが、ツイッター上で「現時点で700人近く。めっちゃ並んでるわ。大崎糞万発じゃこんな人集めらんねえだろうなぁw」と発言。これに対して、パチンコ必勝ガイドの元編集長で、今は業界の重鎮として名を馳せているパチンコライターの大崎一万発さんが、「もうおまえが一番でいいから人のことをとやかく言うのはやめてくれ」と苦言を呈すという展開がありました。シバターさんはこれに食ってかかった形で、自分の来店イベントには大崎一万発さんが来るときよりも、大勢の集客があると誇っているわけです。だけど、そもそも有名人の来店イベント自体が、警察庁に目をつけられている存在ですよね。

POKKA吉田:警察庁の見解としては、来店イベントそのものがNGではなく、「有名なライターの誰々が取材に来る日にあわせて玉を出しますよ」と匂わせるのがダメ。あと、出すという点についてもパチスロは設定があるからいいけど、パチンコで玉を出すには釘を開けるしかない。それはパチンコ台の無承認変更に当たる罰則付きの違法行為なわけです。風営法に規定されている2番目に重い罪だから、積極的に事件化しろと各警察本部に通達が出ています。

木曽崇:かといって、玉を出すと匂わせておいて実は出なかったら、嘘の広告ですから、今度は詐欺に当たりますよね。

POKKA吉田:だから、「何月何日に誰々が取材に来ますよ」っていう事実の告知なら、警察庁もOKでした。’11年と’12年にそういう趣旨の通達が業界団体に伝わり、それを受けてホール側も来店取材を増やすようになりました。この通達の直前っていうのは、パチンコ業界的にはだいぶ広告の実態が荒れていた時期で、新聞朝刊の折込チラシや近所の駅の広告、ローカルTV局のCMで、「本日海の日! 当店は海物語に今まで以上に力を入れます! ビッグウェーブが来る!」なんて、とにかく玉を出すようなメッセージで集客して、実は出ぇへんというガセイベントをよくやってたんですよ。そうした広告のうち、具体的にどういうものがNGなのかを列挙したのが、2年連続の通達というわけです。

POKKA吉田氏

酔えば酔うほど饒舌に……POKKAさんには今回もいろいろとぶっ放していただきました

──警察庁は、「隠語のみならず様々な脱法的表現により善良の風俗及び清浄な風俗環境を害するおそれのある広告、宣伝等を行おうとするぱちんこ営業者等が存在している状況にある」とまで言ってましたけど、NG項目を列挙したら、当然その抜け道を狙う人も出てきますよね。

POKKA吉田:そう。通達を逆手にとって、「あ、これはええんか」となって、今に至ります。本当は広告規制についての警察庁の基本的な考え方は示されているんだから、各警察本部は、これあかんで、それもあかんで、って行政処分を打ちまくっていったらええのに、どこもやらない。そこが一番の問題ですよ。だからパチンコ店でも広告代理店でもない一般のファンが勝手に「この日この店、期待できるやん」ってオフ会をやるスタイルだとか、勝手にパチプロもどきみたいなんが「俺の立ち回り、明日この店ではたぶん番長がいちばん6入るわ〜」なんてメールマガジンで書くとか、もういろんなやり方が出てきてます。

木曽崇:射幸心を煽るような行為がパチンコ店には禁じられている状況において、イベントに呼ばれる第三者として煽りをする役割の人がいて、彼らが荒稼ぎをしているという状況ですね。今の状況って、業界あげてのチキンレースの様相だと思うんですよ。パチンコの広告規制はいまガチガチに厳しいんですが、こうなったのは、みんながギリギリのラインを狙って走る中で、誰かがぶつかるたびに基準が上がっていった結果でしょ。そして今いちばんアクセルを踏んでるのがシバターさんというだけのこと。

POKKA吉田:まぁ、有名人だから目立つっていう部分があるのかもわからへん。シバターさんをかばうわけじゃないんやけど、勝ち負けで言うたら、自分が来店したときに客がすっげぇ並んでたら勝ちなんでしょ。だから、そのためには必死なんだろうね。そんな気はする。

次のページ 
Youtuberにとっては本業があるから怖いものなし

1
2





おすすめ記事