お金

高額取引馬続出!新型コロナ関係なしのセレクトセール舞台裏を緊急リポート

 7月13、14日と行われた日本最大級のサラブレットセリ市「セレクトセール2020」。5月上旬に開かれたセレクトセール上場馬選定委員会時では、コロナの影響により「開催そのものができるのか」という懸念すらあったものの、終わってみれば2日間の販売総額が187億6200万円(以下、金額は全て税抜き表記)を記録。’19年の205億1600万円こそ下回る結果だが、史上2番目の販売総額となった。コロナ対策のため、座席数の削減や事前に登録した購買者と同伴者のみという制限があったことなどを考えると大健闘といえる数字だろう。

最高落札額を更新 どんな人が落札したの?

シーブ19

1歳セッション最高価格となった「シーブの2019」は5億1000万円

 特に13日に行われた1歳セッションでは目を疑うような超高額馬が続出した。「フォエヴァーダーリングの2019」(牡、ディープインパクト)がダノンの冠名でお馴染みのダノックスに4億円で落札され1歳セッションの過去最高価格を更新。ところが、その数時間後には「シーブの2019」(牡、父ディープインパクト)が5億1000万円と1億円以上も価格を上回ったのだ。ちなみに1歳セッションの過去の最高販売価格は’11年ラストグルーヴ(牝、父ディープインパクト、母エアグルーヴ)と’19年ザレストノーウェア(牡、父ディープインパクト、母ミュージカルウェイ)が記録した3億6000万円だった。

「10億円でも降りるつもりはない」元netkeiba運営者

 1歳セッション最高価格となった「シーブの2019」を落札したのはショウナンの冠名で知られる国本哲秀氏。国本氏は昨年にnetkeibaを運営するネットドリーマーズが130億円でmixiに売却された際、多額の報酬を得たとされている。氏が所有し’02年の高松宮記念を制覇したショウナンカンプを管理していた元調教師の大久保洋吉氏をアドバイザーとして迎え、「シーブの2019は10億円でも下りるつもりはなかった」とひと言。他にも国本氏は2日間の最後に上場された「キラモサの20」(牡、父ロードカナロア)を1億4000万円で落札し、コロナ禍の影響などほとんど感じさせなかったセールを締めくくった。
キラモサの20

国本氏はさらに1億4000万円でキラモサの20を落札している

 昨秋にセレクトセールを支えてきたといっても過言ではないアドマイヤの冠名でお馴染みの近藤利一氏が亡くなった影響も懸念されていたが、新興勢力もこの状況下で次々と誕生した。昨夏のセールでも何頭か購入していたが、ABCマートの創業者でもある三木正浩氏は麻布商事名義で高額馬を次々と落札し9頭で10億6500万円の爆買いラウンドワンの社長を務める杉野公彦氏はエフレーシング名義でも落札し4頭で5億4600万円と、今後のセレクトセールや競馬界で主役を担うであろう存在感を示していた。他にも30代、40代のIT系社長が続々と落札しており、セレクトセールや競馬界の新たな方向性を示してくれることとなった。

社台の代表・吉田照哉氏もセレクトセール成功で安堵の表情か

 この2日間で取引された馬たちは21年、22年のデビューとまだ先の話ではあるが、我々もコロナ禍に負けないようにがっつりと儲けたいものである。SPA!が運営する日刊SPA!内のギャンブル情報サイト「勝SPA!(かちすぱ)」の取材班。Twitter(@kspa_official
勝SPA!
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事