R-30

新卒から勤続10年でも年収200万台…独身アラサー女性の“夢”を持てない生活

 仕事があって、家もある。一見すると「普通の生活」に思えるが、夢も希望もない状態に追い込まれてしまった人たちだっている。たとえ転職はせずに同じ会社で10年以上働き続けても給料は一向に上がらず、新卒時とほとんど変わらない年収200万円台のまま……。

「なんでこうなったのかわからないんですよね。普通に大学を卒業し、一応まじめに働いているつもりなんですが……」

 真美子さん(仮名・30代前半)が住むのは、お世辞にもキレイとは言えない東京都渋谷区のワンルームマンション。彼女の姿から見えてきたものとは……。

渋谷

大卒で10年以上働いても年収200万台のまま


 真美子さんは北海道の私大を卒業後、東京の靴販売会社に就職。そこで十数年が経過したのだが、その間一度も引越しは行っていない。手取り月給は新卒時よりも少ない14万円程度。マンションの賃料すら、入居時より5000円も高くなっているから、1か月のうちに自由に使えるお金は昔より少ないことになる。

「自由に使えるお金は……あまりないですね。最近、携帯を格安会社に換えたので5000円くらい浮きました。プチプラのコスメ(安い化粧品)を少し買えたかな、というくらい。美容室だって3か月に一度行ければいいほど。髪は染めてもすぐプリンになるので、黒髪のままです」

 部屋を見渡せば、目立つのはチューハイや発泡酒の空き缶、コンビニや弁当店の食べがら。灰皿には細いタバコの吸い殻が山盛りだ。まるでお金のない貧乏大学生の部屋だが、真美子さんは一応、社会人としてまじめに働き、そこまで浪費家でもない。何が原因なのか。

「10年も働けば、お給料もそれなりに上がると思っていましたが、安いファストファッションブランドが流行ったために、私のお店で販売しているようなミドルレンジ(中級)の靴が売れなくなってしまったんです。現在は新卒時よりも1万円くらい安い手取りです。女性の多い職場なのですが、以前は40歳手前くらいで寿退社や産休で会社から離れる人が多く、若手が空いたポジションに入れていました。今は上が辞めないために若手が昇進できません。新卒の子が入る余裕もなく、私たちがいつまでたっても下っ端です。一昨年には家賃も上がりました。オリンピックを前に、周りの賃貸物件の家賃も上がっているとかで……」

 そもそも残業代のつかない「ブラック企業」に就職してしまったことも原因と嘆く真美子さんだが、不景気や不動産価格の上昇といった要因も、真美子さんに追い打ちをかけた。

 しかし、である。家賃や食費、生活必需品を買っても、月に5万円程度は残る。もっと家賃の低い部屋に住めばいいし、部屋に散乱する酒や弁当などのゴミを見ても、真美子さんにも何か原因があるのではないか……。

「月に平均でも二足は、自社で扱う商品の買取を迫られます。これで大体3万円弱。会社の飲み会も、基本的には自費負担で1回3000円程度としても、月に1万円以上。残業も週2~3度あり、終電がなくなると会社泊。どうしても帰りたいときはタクシーで、これも自己負担です。会社に近い渋谷区に住んでいるのはそのためで、遠いとタクシーで帰れなくなってしまうから」

ゴミ
次のページ 
「もう何もかもが手遅れな気がする」

1
2





おすすめ記事