エンタメ

織田裕二と鈴木保奈美に続け! 再共演してほしいドラマ内カップル4選 

 フジテレビの月9ドラマ『SUITS/スーツ』が、初回平均視聴率で14.2%を記録し、前クールの『絶対零度~未然犯罪潜入捜査~』初回10.6%を大きく上回り、話題を集めた。

 織田裕二(50歳)演じる敏腕弁護士が、さまざまな事件を解決していくという内容にも期待されていた『SUITS/スーツ』。しかし、初回でこれだけの高視聴率を記録できたのは、なんといっても織田と鈴木保奈美(52歳)の再共演も要因だったはず。

 織田×鈴木といえば、言わずと知れた『東京ラブストーリー』(フジテレビ系)。1991年に放送され、最終話の最高視聴率で32.3%を記録、社会現象ともなったこのドラマで、二人はカップル演じていたのだ。ドラマの役であった“カンチとリカ”の共演を、待ち望んでいた人も多かったのではないだろうか。

 彼らのように、再共演が待たれているドラマ内カップルは少なくない。そこで今回は、まだ再共演が果たされていないが、熱望されているドラマ内カップルを紹介していこう。

SUITS

Hey! Say! JUMP・中島裕翔(25歳)と織田の掛け合いの演技も、本作の大きな見どころとなっている(『SUITS/スーツ』オフィシャルサイトより)

『愛していると言ってくれ』:豊川悦司×常盤貴子


 1995年に放送された『愛していると言ってくれ』(TBS系)。NHK朝の連続テレビ小説『半分、青い。』でも話題となった脚本家・北川悦吏子が手掛けた、繊細なラブストーリーだ。

 本作でカップルとして共演したのが、豊川悦司(56歳)と常盤貴子(46歳)。聴覚障害を持つ若い画家・榊晃次と、女優を目指す水野紘子が、ともに障害を乗り越えながら、次第に愛を育んでいくストーリーが人気を集め、最高視聴率で28.1%を記録した。また、主題歌であったDREAMS COME TRUEの「LOVE LOVE LOVE」も大ヒットしたのだ。

 このドラマで、耳が聞こえない、しゃべれないという難しい役ながら、素晴らしい演技を披露した豊川と、その相手役として魅力的な女性を演じた常盤。20年以上の時を経て、さまざまな経験をした二人が再共演するとなれば、話題になるのは必至だろう。

愛していると言ってくれ

その人気から、たびたび再放送されたこのドラマ。若かりしころの豊川と常盤の姿が眩しい(TBSチャンネル公式サイトより)

『美女か野獣』:松嶋菜々子×福山雅治


 フジテレビの『美女か野獣』で共演したのが、松嶋菜々子(45歳)と福山雅治(49歳)の二人。2003年に放送されたこのドラマでの、ドラマ内カップルも話題を呼んだ。

 低視聴率のニュース番組の視聴率回復のために、奮闘するスタッフ陣を描いた本作。松嶋が演じたのは、アメリカ帰りの視聴率至上主義者の敏腕プロデューサー・鷹宮真。それに対し福山が演じたのは、バラエティー制作部で問題を起こし、転属させられたディレクター・永瀬洋海。

 超エリートでクールな松嶋と、チャラチャラしていながら実は仕事のできる男・福山の組み合わせはベストマッチだと評判に。この美男美女カップルの再共演を望む人が多いのも頷ける。

美女か野獣

水と油のように反発しあいながらも、徐々に打ち解けていくまでの過程を描いた良作だ。『美女か野獣 DVD-BOX』(フジテレビ/アミューズソフトエンタテインメント株式会社)

次のページ 
上野樹里×玉木宏が共演したのは…

1
2





おすすめ記事