雑学

「賢い野菜の買い方と保存法」を野菜ソムリエプロ・東谷篤門に聞いた

 厚生労働省が推奨する1日の野菜摂取量は350g。だが同省の調査では20~40代の約7割がそれに達していないことが判明! しっかり食べていたつもりなのに……けれども、野菜をどこで、どの程度、どのように食べればいいかすらわからない。そんな野菜難民を野菜の達人たちが指南する。


野菜ソムリエプロが教える賢い買い方・保存法


 野菜初心者が困るのは、買った野菜の保存方法だ。野菜ソムリエプロで、タレントの野菜くんこと東谷篤門氏に聞いた。

「キャベツは根の部分から葉の栄養が逃げるので、芯をくりぬき、濡れたキッチンペーパーを詰めて、あとは冷蔵庫で保存します」

 基本的に野菜は、生えている状態で保存すると長持ちする。

「ホウレン草のような葉物は冷蔵庫で根を下に立てて保存します。横にしておくと葉が上に成長しようとして、葉の中の栄養を使ってしまいます。冷蔵庫の中は乾燥するので、濡れたキッチンペーパーなどで包んで立てておきましょう」

 また、「冬場のタマネギは冷暗所に置いておくほうが持つ」とのことなので、何でも冷蔵庫に入れておけばいいというものでもない。

 根菜の葉っぱは、切っておくのが長持ちさせるコツだ。

「ダイコンのような葉のあるものは、白い部分から葉のほうに栄養が取られてしまいます」

次のページ 
トマトの栄養は生よりも油と熱で

1
2


ハッシュタグ




おすすめ記事