エンタメ

メンズ地下アイドルのサービスが過激化。ハグ、壁ドン、ポッキーゲーム…

 現在、全国に何千グループもあると言われている“地下アイドル”。女のコのイメージが強いと思うが、「最近はメンズの地下アイドルもアツイですよ」と話すのは、アイドル運営に詳しいプロデューサーの鈴木信二さん(仮名・42歳)だ。

 一般的な知名度がないにもかかわらず、月収はサラリーマン以上という人も少なくないらしい。その現場で何が起こっているのか。今回は彼らの実態に迫る。

お金

まだ知名度のないメンズ地下アイドルだが、意外と稼げるという噂も…

メンズ地下アイドルがサラリーマンより稼げる理由…まるでホスト!?


 鈴木さんが、昨今のメンズ地下アイドル事情を説明する。

「現状、女の地下アイドルが全国津々浦々で活動しているのに対して、メンズはまだ東京が活動のメイン。でも、最近は明らかに急増している。3~4年前からだんだん流行りだして、それ以前もちょこちょこ活動しているグループはあったけど、男が地下アイドルをやっているなんて全然知られていなかったからね」(鈴木さん)

 筆者もつい先日、友人がメンズ地下アイドルにハマったことで存在を知ったばかりだ。一般的な知名度はほとんどないが、ものすごく稼いでいるという噂がある。地下アイドル歴3年のゆうきさん(仮名・年齢非公開)に聞いてみた。

「ネット番組で給料を暴露しているメンズ地下アイドルの子も多いですが、実は、本当に稼げるんですよ。僕なんて地上波のテレビにも出たことないし、SNSのフォロワーも何万人とかいないですけど、月収は安定して50万はもらってますよ」(ゆうきさん)

 月収50万といったら年収600万。中堅会社のサラリーマンより稼いでいるだろう。お世辞にも有名人とはいえない彼が一体なぜ?

「ファンが女のコだからでしょうね。最初はOLだった子がキャバ嬢になったり、風俗嬢になったり。AVでファンの子を見つけたときには、さすがに複雑な気持ちになっちゃいましたけど(苦笑)。要するに、女のコには限界がないんですよね、稼ぎに。男だったら稼ぎたくても限度があるけど、女のコは職業を変えてしまえば、どんどん稼げるじゃないですか」(同)

 確かに男性と違い、女性は水商売で稼ぎやすいことも事実だが……。まるでホストクラブのような側面もある。

「推しの売り上げを巡って、女同士の戦いになっているのかも。ライブが終わった後、物販があるんですけど、大体どこのユニットもチェキを1枚買うと、1分話せるんです。それが1人1枚とか決まりがないから、ライブハウスの時間が許す限りは物販してるところがほとんど。だから何枚も買えばそれだけ推しのメンバーを独占できるんです。結局、ファンの……というより女同士の嫉妬だと思います。個室ではなく、フロアでやるので、どの子がどれだけお金を使っているかもすぐわかってしまいますから、競争心が出てくる。やっぱり、たくさんお金を使っている子はお金を使ってない子よりも偉そうにしている印象です」(同)

次のページ 
物販が過激化…ハグや壁ドン、粘膜が触れる以外はOK

1
2
3





おすすめ記事