恋愛・結婚

芸能界のド底辺パパ活事情「グラドルは一般人以下…」

 売れないグラドルや地下アイドルが、本業の傍らで少しでもお小遣いをもらおうと愛人業やパパ活に手を出す女性は少なくない。しかし、「芸能人は、パパ活界隈では何のブランド力も持っていない」と話すのは、Kカップグラドルの吉沢さりぃ氏だ。
月2万円愛人の深層/吉沢さりぃ氏

吉沢さりぃ氏

アイドルは一般人以下! 芸能界ド底辺パパ活事情

「愛人にしろ、パパ活にしろ、一番人気は断然、素人の女性。パパ活に手を出す芸能人は、かわいくないうえにプライドだけは高いと評判が悪いんです。特にグラドルは巨乳だけど微妙なブスかデブが来ると思われていて、『グラドルってだけでNG』というパパもいるぐらいです。一回10万円と豪語する知り合いのグラドルは、いつも愛人がいきなり音信不通になると嘆いていました」  芸能人というブランドに惑わされるのは、せいぜいパパ活初心者まで。誰もが知る全国レベルの芸能人になって、やっと真の金持ち男性のお眼鏡にかなうという。そのため、そこそこ知名度のあるグラドルやアイドルも買い叩かれているのが現状だ。 「相場より安く提示されることもザラです。最初は強気で7万~10万円で交渉しても、結局どんどん値下げしていくことになる。せっかく関係を築いたのに、太客を素人に奪われることも多くて、会社員や学生より稼げていないコも多いですよ」  弱小事務所のグラドルにいたっては事務所が愛人業を斡旋することもあるという。売れないならせめてそこで稼いでこい、というわけだ。 「芸能人限定の交際クラブが、最近は増えているという話を聞きます。事務所に背中を押されて、雑誌の表紙を飾るような清純派の有名グラドルが登録していると聞いたときは、さすがに驚きました」  一方、地下アイドルはファンを愛人にすることで、食い繋いでいる。 「アイドル側からファンの男性にDMして繋がるんですけど、ドルオタはお金を持ってない人も多い。アイドルもその日の生活費をなんとか確保しようと妥協して、1万~2万円でしちゃうコも出てきているぐらいです。あとは直接お金をもらえないので、抱かれる代わりに物販を多く買ってもらったり……」  もはや普通にバイトをしたほうが稼げるのではないかというレベル。過熱するパパ活ブームは、芸能界にまで影響を及ぼしている。 【グラビアアイドル・吉沢さりぃ氏】 芸能界の裏事情に精通する三十路のライター兼底辺グラドル。近著に『最底辺グラドルの胸のうち』(イースト・プレス)がある <取材・文/週刊SPA!編集部>
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事