デジタル

のび太が働く喜びに目覚めた!? 意外だけど納得のコラボタイトルが登場

ゲームコラムニスト・卯月鮎の絶対夢中★ゲーム&アプリ週報

ゲームコラムニスト・卯月鮎

卯月鮎

『ドラえもん のび太の牧場物語』 Nintendo Switch/バンダイナムコエンターテインメント/6100円(+税)/2019年6月13日発売 「意外なコラボで驚いた!」と、2月の発表直後にSNSで話題となった『ドラえもん のび太の牧場物語』が、6月13日に発売されます。  これまでも『ポポロクロイス物語』とのコラボはありましたが、今回は『ドラえもん』とタッグを組むとは、私も正直意表を突かれました。しかし、考えてもみれば、のび太くんは無人島で生き延びた経験もあり、映画ではほかの惑星でも大活躍しているので、牧場を一から開拓するのはお手のものといったところでしょうか。

『ドラえもん のび太の牧場物語』

『牧場物語』も『ドラえもん』もゲームファンにはなじみ深いタイトルです。『牧場物語』は、1996年にスーパーファミコンでスタートしたシリーズ。荒れ果てた牧場から石をどかし、種をまき、毎日水やりをして作物を育てます。作業といえば作業ですが、少しずつ自分の畑や牧場が大きくなっていく喜びが実感できるタイトルでした。海外でも根強いファンが多く、フォロワー作品も複数登場しています。  一方の『ドラえもん』もファミコン期から何度もゲーム化されているコンテンツ。ファミコン最初の『ドラえもん』ゲームは、1986年にハドソンから発売された白カセットの『ドラえもん』。映画『のび太の宇宙開拓史』『のび太の大魔境』『のび太の海底鬼岩城』をモチーフに、探索、アクション、シューティングと多彩なゲームジャンルが楽しめました。私は子どもの頃、「海底編」の巨大タコが怖すぎてクリアを諦めた思い出があります(笑)。  ファミコン期は「キャラゲーは地雷」というのが定説でしたが、1990年のエポック社のRPG『ドラえもん ギガゾンビの逆襲』とともに、ファミコン期の『ドラえもん』ゲームは良作だったといえるでしょう。
次のページ 
ひみつ道具を使って牧場生活!
1
2





おすすめ記事