デジタル

大人の香りに衝撃を受けたあの日…『悪魔城ドラキュラ』初期傑作選

ゲームコラムニスト・卯月鮎の絶対夢中★ゲーム&アプリ週報

ゲームコラムニスト・卯月鮎

卯月鮎

『悪魔城ドラキュラ アニバーサリーコレクション』 PS4、Xbox One、STEAM、Nintendo Switch/KONAMI/3000円+税/5月16日配信  5月16日に『悪魔城ドラキュラ』シリーズの傑作選『悪魔城ドラキュラ アニバーサリーコレクション』が発売されます。1986年にディスクシステム用ソフトとして誕生した初代『悪魔城ドラキュラ』(今回の収録バージョンは1993年のファミコン移植版)から始まって、『ドラキュラII 呪いの封印』の北米版『Castlevania Ⅱ Simon’s Quest』、メガドライブ唯一の『悪魔城ドラキュラ』でプレミアソフトとしても有名な『VAMPIRE KILLER』など計8本が収録されています。

『悪魔城ドラキュラ アニバーサリーコレクション』

『悪魔城ドラキュラ』シリーズは、『メトロイド』と並ぶ2D探索アクションの代名詞。海外では、のちに両者の名前を合わせて「メトロイドヴァニア」(「メトロイド」+『悪魔城ドラキュラ』の英題「キャッスルヴァニア」)というジャンルが確立したほど。『悪魔城ドラキュラ』は、欧米ゲーマーにもっとも深く刺さった日本の作品のひとつ、といっても過言ではないでしょう。  もちろん、日本でも初代『悪魔城ドラキュラ』のインパクトは絶大でした。硬派なゴシックホラーの世界観、妖しくも格好いい音楽、物語のバックグラウンドまでほの見える描き込まれたビジュアル。どれを取ってもハイクオリティ。他のファミコンゲームと違って、『悪魔城ドラキュラ』を遊ぶときは何となく大人の世界に入り込んだような緊張と興奮がありました。ラスボス手前、巨大な三日月を背負って石段を登るシーンは、まさに映画の一コマ。あれがファミっ子にとっての大人の階段だったのかもしれません。
次のページ 
傑作揃いのラインナップ、おまけも必見!
1
2
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事