エンタメ

尾崎豊で人生が激変した人たち。結婚、ひきこもりからの“卒業”も…

『I LOVE YOU』『15の夜』『卒業』-。時代と世代を超えて愛され、歌い継がれる不世出の歌手・尾崎豊。人気絶頂の1992年に26歳の若さで夭折し、没後27年経った現在もリアルタイム世代ではない若年層の心を捉え、新たなファンを生み出している。  映画『尾崎豊を探して』が12月27日(金)よりTOHOシネマズ新宿にて先行ロードショーされ、2020年1月3日(金)から2週間限定で全国公開される。  そんな尾崎に影響を受け、人生を激変させた生粋のファン3組が“私たちのOZAKI”を語りつくす。

映画『尾崎豊を探して』より (C)2019「尾崎豊を探して」製作委員会

<尾崎が結びつけた結婚。驚きの”歌碑ウエディング”とは>

 安藤浩さん(42)& 留美さん(44)夫妻は尾崎をきっかけに知り合い、2015年にめでたくゴールイン。入籍は「嫁の人生で一番辛い日である尾崎の命日を少しでも和らげることができれば」という浩さんの思いで、尾崎の命日4月25日に入籍。当初は命日入籍を反対していた留美さんだったが「尾崎の命日に自分の結婚記念日を重ねれば、人生で最も辛い日に“嬉しい”というデータの上書きができる。4.25が泣くだけの日ではなくなりました」と浩さんの尾崎愛に救われた。  挙式は尾崎の誕生日である11月29日に行う予定だったが「尾崎ファンの友人たちに日程を報告したら“その日は歌碑(※東京・渋谷のクロスタワーに設置されている尾崎ファンの集いの場)に行くから参加は出来ない”と本気のトーンで言われて(笑)」と前日28日に繰り上げて挙式。  尾崎の誕生日の29日になった瞬間に横浜からウエディングドレス姿のまま歌碑に駆け付け、尾崎ファンに祝福されるという伝説を作った。「今思えば11月29日に歌碑の前で挙式すればよかった」という留美さん。ちなみに「尾崎ファンはパスワードを1129にしがち。個人情報流失に気を付けて!」と呼びかける。

渋谷にある尾崎豊の歌碑前でウエディングを果たす安藤夫婦

横浜からウェディングドレスを着たまま、電車移動する安藤夫妻

次のページ 
尾崎がきっかけで”脱引きこもり”
1
2

映画『尾崎豊を探して』
12月27日(金)よりTOHOシネマズ 新宿にて先行公開
20年1月3日(金)~1月16日(木)2週間限定全国公開!
配給:東京テアトル/ライブ・ビューイング・ジャパン

公式HP:https://ozakisagashite.jp/

Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事