ライフ

GUの新春マストバイ3選…1000円台のパーカはNIKE超えの逸品

 メンズファッションバイヤー&ブロガーのMBです。洋服の買いつけの傍ら、「男のおしゃれ」についても執筆しています。連載第260回目をよろしくお願いします。
メンズファッションバイヤーのMB

メンズファッションバイヤーのMB。「『おしゃれに見える』にはちゃんと理由があるんです」が持論(撮影/難波雄史)

 今回はGUのおすすめ3アイテムをピックアップ。量販店の領域とは思えないほど丁寧で、高級感ある作りになっているGU。昔の「安かろう悪かろう」なイメージはどこへやら。要注目です!

▼NIKE超え!? このクオリティで1000円台って!

ダブルフェイスビッグパーカ(長袖)GA(セットアップ可能) 1990円(+税) ダブルフェイスビッグパーカ(長袖)GA(セットアップ可能)ダブルフェイステーパードパンツGA(セットアップ可能) 1990円(+税) ダブルフェイステーパードパンツGA(セットアップ可能) GUがリリースしたスポーツウェアの新シリーズ「GU ACTIVE」。「感動ジャケット」をはじめ、安直な名前はこのグループ相変わらずですが、素材感やシルエットはネーミングに反して複雑に緻密に作り込まれていました。  数年前、スポーツカジュアル市場を席巻したNIKEの名作「テックフリース」シリーズが発売。スポーツウェア需要だけでなく、街着として使うスポーツカジュアル需要も掴んで、圧倒的な売り上げを叩き出しました。おそらく今回、紹介しているダブルフェイスシリーズはNIKEのこのシリーズを競合として設定したものでしょう。  価格はNIKEよりも遥かに格安に設定していますが、見た目の印象はもしかしたらGUのほうが上かも……? NIKEテックフリースの特徴はスウェット素材なのにツヤとハリがある独自開発の素材。スウェット素材であるはずなのに高級なツヤを備えており、スポーツウェアを「街着としてのおしゃれ」に昇華した歴史的逸品。  GUはこの素材感を真似てツヤとハリのある化学繊維を使用しましたが、これが大当たり! 着心地はスウェットと変わらないものの、見た目は高級感ばっちり。また、トップスは大きめのサイズにし、ボトムスもウエストはゆったりとさせているため、着用感は楽チンそのもの。それでいて、裾部分はキュッと細くしているので、スッキリと美しいシルエットに見える。これが1000円台で実現できているのは事件です。NIKEはいったいなんだったんだ。 「GU ACTIVE」の名前の通り、スポーツウェアとして活用できるシリーズですが、とてももったいなくて使えないはず。私も物は試しと買ってみたら、すっかりハマって街着として使っています。

▼タフで美しいシェフパンツはGU今年の一押しボトム

シェフパンツ+E 1490円(+税) シェフパンツ+E 古着ではよく見かけるシェフパンツ。もともとはその名の通り、シェフが厨房で着用していたパンツに由来します。イージーウエストで楽ちんなサイズ感ですが、運搬などをする際に転ばないように裾を細くすっきりさせているのが特徴。このシェフパンツをGUが生産、この春に打ち出す品番の様です。すでにチェック柄や無地など多くの型を展開しており、気合の入れようが伺えます。  実際に着用してみると楽ちんそのもの。ウエストがゴムというだけでなく、太ももまわりも大胆に太いので、サッカーをやっていて足が太い……なんて人もストレスを感じることはほとんどないはず。しかし、裾に向けてしっかりと細いため、だらしない印象はない。スキニーが履けないスポーツ体型に一筋の光明が差した!  さらに特筆すべきは素材感。もともとのシェフパンツもいわばワークウェアなので化学繊維を使ったガツガツ使えるものでしたが、その風合いを踏襲。ポリエステルを混紡しており、タフで洗ってもシワもつきにくくイージーケア。それでいて、化学繊維の安っぽさも大してなく、むしろスーツライクなスラックスに見えるため、高級感も。1490円でこんなパンツ売っていいのか。早いところGETしないと、人気色は完売しますよ。急げ!
次のページ 
ダッドスニーカーが装い新たに再登場!
1
2
Cxenseレコメンドウィジェット
ハッシュタグ
おすすめ記事