お金

「日本は財政破綻する」はウソ…国のB/Sを用いて解説

<日本経済はヤバい><大借金大国、ニッポン><先進国の中で、日本だけが取り残されている>  そんな見出しや、タイトルを冠した書籍を目にしたことはないでしょうか。もっと事実ベースで言えば、日本経済は、アメリカ、中国にGDPで遅れをとり、1300兆円の負債を抱える大借金国。このままいけば、ギリシャのように破綻する…。メディアでは、そんな危機を煽る文言が飛び交っています。  危機を煽られれば、私たちは当然怯えます。このまま日本にいていいの? 国外脱出しかないのでは?今回は、そんな「日本ヤバい論」が本当なのか、データを読み解きながら3分程度で解説していきましょう。  結論を急げば、「日本ヤバい論」は間違っています。むしろ、日本は世界で一番のお金持ちなのです。

借金あっても、収入あれば大丈夫!

 さて、話をわかりやすくするために、便宜的に日本を一つの企業として捉えてみましょう。日本という企業は、いまどのくらいの力を持っているのでしょうか?

現在の日本の借金は約1300兆円(※参考:日本銀行調査統計局より)

 現在の日本の借金は約1300兆円(※参考:日本銀行調査統計局より)。とはいえ、借金の総額だけをみても国の財政の健全度はわかりません。「資産」や「収入」が十分にあれば、破綻の心配はないのです。今月SupremeとLOUISVUITTONのカバンをアメックスで買いすぎたキャバクラ嬢も、アメックス・プラチナカードの引き落とし日までに鬼出勤して収入を増やせば、問題ないのと一緒です。  また、企業のバランスシートで考えてもそれは明らか。100億円の借金(=負債)があっても、1000億円の現金預金(=資産)があれば、企業の財務諸表は健全な範囲と言えます。企業経営でも、国の財政状況も、資産と負債の両方を見なければ借金が多いのかは判断できないのです。

日本は借金大国。でも…

 現在、政府の負債合計は1335兆円です(2019年9月末時点)。その中でも、特に目立つ項目は「公債(国債)」の966兆円。  966兆円、たしかに借金の額は多いです。「桃太郎電鉄」を100年プレイしても見たことがない額です。一方で政府の「資産」と比べてこの額は大きいのでしょうか?  日本の資産を見ると、その額は約620兆円。これは、国際的にかなり大きな額です。  いわば日本は、ブランド物で散財し、ハワイに一ヶ月で2回行くほど借金をしても、実家の壺や不動産を売ればなんとかなる“大資産家の娘”なのです。(日銀公表部門別の金融資産・負債残高を参照)  結果、日本の本当の財政状況は以下の式で示せます。 政府資産(620兆円)+外貨準備高(約140兆円)=760兆円  外貨準備高とは、なんでしょうか。これは、政府や中央銀行が保有する外貨建て資産のことです。つまり、日本は借金966兆円に対して、資産760兆円の国。借金の額はそれほど大きくないことがわかるのではないでしょうか。
次のページ
日本の借金は、ヤバくない借金
1
2
3
Cxenseレコメンドウィジェット
ハッシュタグ
おすすめ記事