エンタメ

菅田将暉が老若男女から好かれる理由「おもしろそうなことは全部やってみる」

 異性に好かれる俳優は山ほどいる。でも、いま、菅田将暉ほど老若男女から好かれる俳優はいないはずだ。演技派俳優として多数の映画やドラマに出演、CM「au三太郎シリーズ」での鬼ちゃん役でも注目された。昨年の紅白歌合戦にはアーティストとして登場。ラジオ『オールナイトニッポン』では、そのトーク力で性別を問わず幅広いリスナーから支持を集めている。 菅田将暉 中島みゆきの名曲「糸」を題材にした主演映画『糸』の公開を控えた彼に、自身を囲む人々の縁や作品にかける思いを聞いた。

意外と自発的に始めたものはないんです

――昨年度週刊SPA!の年末恒例企画「好きな男・嫌いな男」ランキングで、菅田さんは「部下にしたい男」で見事1位に輝きました。 菅田:同性の人生の先輩方に「部下にしたい」と言っていただけるのは、ありがたいです! 確かに最近、新幹線や飲み屋で、見知らぬ年上の男性から「あれ、観たよ」「あの作品良かった」と話しかけられることが増えたんですよ。わざわざ声をかけてくれるのは、何かしら胸が打たれる部分があったからだと思うので、すごくうれしいことですね。 ――菅田さんは、俳優はもちろん、歌手やラジオMC、写真家、映画監督など活動の幅も広いですよね。 菅田:知らないことを知るのが好きなんです。結果がダメならダメでもいいので、「おもしろそうだな」と思うことは一度全部やってみます。 ――好奇心が旺盛なんですね。 菅田:ただ、意外と自発的に始めたものはないんですよ、俳優業もラジオも歌も写真もそう。「一緒にやろう」と声をかけてくれる人との出会いがあって成り立ってます。 ――映画『糸』も、まさに「人との出会い」が軸となった作品です。菅田さんは、リーマンショックや東日本大震災などを経験しながらも、北海道に住み、結婚、子どもの誕生、子育てを経験する青年を演じられています。 菅田:今回の作品では、「普通」であることに全振りしました。役柄の個性に自分が酔っちゃいけないとずっと注意してました。僕が演じたのは「いま自分が置かれた環境で生きていくしかない」と思っている青年の役だったので、彼が一生住み続けると決めた北海道という舞台から、キャラクターを作っていきました。
次のページ
映画を通じて、みんなで気持ちを共有できる
1
2
週刊SPA!4/28号(4/21発売)

表紙の人/ 菅田将暉

電子雑誌版も発売中!
詳細・購入はこちらから
※バックナンバーもいつでも買って、すぐ読める!
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事