スポーツ

「プロ野球、今年はバーチャルでやるしかない」G.G.佐藤が提言

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、NPB(日本野球機構)は4月17日、プロ野球12球団代表者会議を行い、今季のプロ野球セ・パ交流戦中止を決定した。また23日には、5月上旬の連休明けに目指していた開幕日の設定も、依然として“白紙状態”であることを明らかにした。  全国のファンをやきもきさせるプロ野球界のドタバタ劇に、元プロ野球選手のG.G.佐藤氏が提言した。

今年のプロ野球は中止にしたほうがいい

G.G.佐藤氏

G.G.佐藤氏

「今年の開幕は、中止になるかもしれませんね。いや、中止にした方がいい。たとえ無観客で開幕したとしても、チーム内で感染者が出たらそこでシーズンはおしまいですよ」  G.G.佐藤氏は2004年~2014年にかけて西武ライオンズ、イタリアンベースボールリーグ、千葉ロッテマリーンズにて外野手として活躍。現在は千葉県市川市にある建築設計会社の「トラバース社」にて営業マネジャーを務めている。 「シーズン中は、ビジターゲームでどうしても長距離移動があります。感染リスクの高い新幹線や飛行機で、1人でも感染者が出たとしたらどうでしょう? 『接触したのは誰と誰?』ってなりますよね。それが15人いたとしたらもう全員隔離ですよ。そんなことになれば、試合なんてできるわけがない。移動は、スタッフも含め1軍だけでも50人くらいいますからね。全員バス移動にするか、隔離しまくるしかないでしょうね」  交流戦の中止、そしていまだ明確にできない開幕日の設定についてはNPB側も苦渋の判断だったに違いない。G.G.佐藤氏は、元プロ野球選手としての立場から、現役選手たちの気持ちを代弁した。 「僕たちは東日本大震災を経験しましたけれども、あの時は気持ちが沈みこんだ日本に希望を与えるという意味で、プロ野球開催を否定する人はいませんでした。しかし、今回は状況が状況なので……。僕たちプロ野球選手は、本来プレーで元気づけるのが一番の仕事。選手たちにとってはこの時期に開幕が迎えられない、試合がないなんて想像もつかないことです」  また、この状況下にいる選手たちのコンディションやモチベーションについても心配しているという。 「たとえ6月に開幕すると決まったとして、選手たちはあと1か月で調整しなくてはならないというのは厳しいですね。でもそこはプロですから、与えられた条件でベストをつくすしかない。しかし、バッティング練習や守備練習などはマシンを使って個人で調整できますが、やはり実戦が必要なんですよね。いつもなら紅白戦やオープン戦の中でピッチャーと対戦して、だんだんと感覚を取り戻していくもの。それがきちんとできないと、ケガにもつながると思います」

期待の新人が実戦を経験できないのはもったいない

 G.G.佐藤氏がいま心から残念に思うことは、佐々木朗希投手をはじめとする期待の大型ルーキーの躍動が、いわば“おあずけ”状態になっていることだ。 「佐々木朗希投手みたいな“怪物”はめったに出てきませんから、育成していかないともったいない。普通に開幕していたら、絶対二軍では投げさせていたでしょう。早くプロのマウンドで実戦経験を積ませないと。実戦でなければ『どの部分が良くて、どの部分が課題なのか』という点や、自分の実力を見極めることができない。それでは伸びようがないですよね」  今年のオープン戦で好調な仕上がりを見せてきたベテラン選手たちの今季にかける思いも、今は宙に浮いた状態だ。 「西武時代に仲が良かった現巨人の中島裕之選手は、今年から石井琢朗コーチの指導で打ち方を変えたんですよ。するとそれがドンピシャはまって、春先のオープン戦でめちゃくちゃ調子が良かったらしいです。ロッテに加入した鳥谷敬選手だってそうですよ。せっかく開幕1週間前に入団が決まったのに、試合がなかったら意味ありません。ベテランは1試合1試合が大切ですからね。そう思うと選手たちはかわいそうですよ」

開幕しなければ球団もスポンサーも大損害

  G.G.佐藤氏2 G.G.佐藤氏は、NPBがこれほどまでに開幕を先延ばしにしているのは、さまざまな理由があるのだと推測する。 「球団にとっては経営がからんできますからね。どうしても今季シーズンは開幕したいでしょう。開幕しないと大赤字になりますよ。それに、今年何もプレーせずに来年クビになる選手だって出てくる可能性もありますし。その選手についての枠を増やすか、育成契約でもう一度チャンスを与えるのか。選手にだって生活がかかっていますし、何らかの応急処置をしてあげないと」  また選手や球団だけではなく、球場関係者やスポンサーなど、プロ野球界をとりまくすべての関係者にとっても深刻な事態だ。 「スポンサー側も大損害です。うちの会社も、ロッテ球団のスポンサーとして千葉マリンに広告看板を出したり、オーロラビジョンにCMを流したりしているんですよ。1試合もなくなってしまえばそのCMだって流せないわけでしょ。『カネ返せ』って言いたくなりますよね(笑)」
次のページ
変則的なやり方で盛り上がるのかは疑問
1
2
Cxenseレコメンドウィジェット
ハッシュタグ
おすすめ記事