エンタメ

芸名“野口五郎”誕生の有名エピソード…盟友・西城秀樹との思い出に思わず涙も

―[クリスのお宝箱]―
野口五郎編Part2 アナログ盤、CD、DVDなど約2万枚以上。さらに雑誌やポスター、グッズ、珍品なども所有し(現在も収集中)、アーティストからも認められるほどの大の音楽ファンのクリス松村が、MCを務める『ミュージック・モア』で秘蔵のコレクションからとっておきの1枚を披露!  前回に引き続き、今回もデビュー50周年を迎えられた野口五郎さんの回をご紹介します。

西城秀樹さんとの思い出を語る野口五郎さん

 レコードで聴き直すと、ホント、五郎さんって声が変わらない。はにかんだ笑顔もあの日のまま! でも涙もろくなっているんです。  西城秀樹さんの話をしている最中、当時を思い出してか、目がウルウルしているんですよね。  五郎さんの9枚目のシングル『君が美しすぎて』を、秀樹さんが「一番好きだ」と、直接ご本人から伺ったことがあります。 「当時から、あいつ(秀樹)は、この歌、好きだなあ、と言ってましたね」(野口五郎)  秀樹さんとのエピソードの1つに、テレビ番組の収録で、ちょっとトラブルがあって、もう耐えられなくなった五郎さんが、「僕、帰ります」と席を立ったことがあったそうです。どんないやなことを聞かれても、笑顔で受け答えするのが芸能界。収録を放り出すことは許されません。そのとき、一緒にいた秀樹さんが、「じゃ、俺も帰る」と。その一言に救われて、「まあまあ」とその場が収まり、無事に番組の収録が終わったそうです。 「あいつは、そういうやつなんですよ。いつも僕を守ってくれたんです」  そう語る五郎さんの目に涙が……。こっちまで胸が熱くなってしまいました。

15歳で上京した新幹線の中で、スタッフが放った爆笑エピソードとは?

 さて、パート22の「クリスのお宝箱」を開くと、五郎さんが身を乗り出してきました。 「え~? なんすか、それ?」(野口五郎)  今週は、『野口五郎デビュー5周年記念ファン・クラブレコード』を持ってきました!  ジャケット写真は、菜の花畑で微笑む五郎さん。5周年ですから20歳のころです。肩まで髪を伸ばした姿は、少女漫画に出てくる王子様のよう……。

20歳のころに、ファンクラブが企画製作した『デビュー5周年記念ファン・クラブレコード』

 ドーナツ盤には「非売品」「企画製作・野口五郎ファンクラブ」、そして「語り:野口五郎」という文字があります。

野口五郎さんの20歳の声が聞ける超レアなレコードに、そっと針を置くクリス

 そんな超貴重レコードの内容は、ぜひ番組で!

レコードが1枚も売れず、田舎に帰りたいと思った日々…

 演歌『博多みれん』でデビューし、3か月後、路線変更をしてポップスの『青いリンゴ』を発売した五郎さん。その理由は……。 「僕は、演歌の先生にレッスンを受けていたので、デビューするなら、演歌でないとダメだったんです」 「野口五郎」という芸名は、出版社の編集長がつけてくれたそうです。有名な話ですが、「黒部五郎」か「野口五郎」か、どっちかを選べと言われて、納得のいかないまま野口五郎を選んだとか…。黒部五郎を選んでいたら、どうなっていたでしょうね。  ちなみに黒部五郎も野口五郎も山の名前で、地図で調べると、北アルプスに「黒部五郎岳」と「野口五郎岳」があります。これもファンのみなさんには有名な話…

演歌でデビューして2枚目がポップス。「この間に何があったんですか?」とクリス

 デビュー曲『博多みれん』は、さっぱり売れず、キャンペーン先でも1枚も売れない日が、何度もあったとか。 「母親に『どうだった?』と電話で聞かれて、1枚も売れなかったとは言えないので、いつもウソをついていました。母にウソをつくのが、つらかったですね」

13歳で上京し、「あの頃は、ふるさとが恋しくて、帰りたかったですね」と野口五郎さん

 50周年の記念曲は、上京する際、地元の駅で五郎さんのお父様が撮った1枚の写真から生まれたそうです。作詞作曲はコブクロの小渕健太郎さん。五郎さんの話をじっくり聞いて、作ってくれた素敵な曲です。

素敵な仲間たちの演奏で、新曲『光の道』を歌う野口五郎さん

 スタジオライブでは、私のリクエストで、秀樹さんも大好きだと言っていた『君が美しすぎて』と、デビュー50周年記念曲『光の道』を披露していただきました。  今回もレコーディングスタジオで、ピアノ、キーボード、ドラム、バイオリン、ギター、ベースの6人奏者がブースに入って、見事な演奏を披露します。6月25日放送の番組を、どうぞお楽しみに!
―[クリスのお宝箱]―
タレント、音“楽”家(おんらくか)。 邦楽、洋楽問わず、音楽好きが高じて、番組出演にとどまらず、テレビやラジオの番組監修、構成、音楽解説なども手掛ける。TOKYO MX『ミュージック・モア』(木曜25時05分・金曜16時30分放送)ではレギュラーMCを務める。
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事