恋愛・結婚

コロナ禍でキャバ嬢が困ったこと「店がヒマよりも…」

昼はOLキャバ嬢の困ったこととは?

 様々な悩みがあるキャバ嬢達。だが、中には客がテレワークになったことで困っていると話すキャバ嬢も……。都内のキャバクラに勤務するエミカさん(仮名・26歳)だ。 OL 「昼の仕事が副業禁止のため、万が一のことを考えてお客さんにはキャバ1本と言っているんです。コロナ前は昼の勤務中にお客さんから連絡が来ることはなかったのですが、今はお客さんもテレワークになっているせいか、昼でも連絡がめちゃくちゃ来るんですよね。私は出社しているので返信できないでいると、『もしかしてコロナかかった?』とか『店で感染者出た?』と、何かと感染を疑われるので困っています。特に今は夜の店が問題視されているので、心配してくれるのは分かるのですが……」  都内の感染者が過去最多を更新する中で、こうした客からのいわれなき噂が1番怖い……と語るエミカさん。休業や客足の遠のき以外にも様々な影響をもたらしている新型コロナ。キャバ嬢達の悩みも、しばらく尽きそうになさそうだ。
―[キャバ嬢に訊け]―
東京都出身。20代を歌舞伎町で過ごす、元キャバ嬢ライター。裏モノ・夜ネタを主に執筆。アジアの日本人キャバクラに潜入就職した著書『底辺キャバ嬢、アジアでナンバー1になる』(イーストプレス)が発売中。ツイッターアカウントは @ayumikawano
1
2
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事