エンタメ

無職系YouTuber、年収300万円サラリーマン時代より稼げている理由

コロナ禍で自宅で過ごす時間が増え、今年はYouTubeやライブ配信などの動画コンテンツに人気が集中。しかし、そのぶん動画市場は“有名人でも苦戦する”レッドオーシャンとなった。苦戦する有名人がいる一方で、一般人でも好きなことを続けて高収入を得る人々が存在する。今回は自らを「底辺YouTuber」と称してゆるい日常生活を発信する「お客様ぁーの日常」チャンネルのカズヒロ氏に話を聞いた。

無欲の勝利を体現する男

 にわかにトレンドとなっている「無職系」のYouTuberの中で、ひとり気を吐く男がいる。 「4年前、貯金ゼロで会社を辞めてニートに。以来、ブログとYouTubeで生計を立てています」  そう語るのは「お客様ぁーの日常」チャンネルのカズヒロ氏。動画では、自らを「底辺YouTuber」と称してゆるい日常生活を発信。猫とのたわむれや、現在暮らしているクルマの内装をDIYする様子をただただ流している。 「YouTubeは、趣味半分、仕事半分という感覚ですね。過去に5回ほど転職したのですが、いずれも組織の中での働き方に馴染めなかった。お金のために、やりたくない仕事はしたくない。僕自身は物欲もほとんどないし、月6万円あれば生活できる。見ている人にも、お金をかけずに生きていけることを発信したいんです」

底辺無職を自称するも7チャンネル運用で高収益

お客様ぁーの日常

お金をかけない生活を追求するカズヒロ氏。現在は千葉郊外への移住準備のため、20万円で購入したバンで車内生活を送っている

 そう持論を述べるカズヒロ氏だが、実は同チャンネル以外にもガジェットやスマホ紹介など計7つのチャンネルを運営している。 「日常チャンネルは月収2万円ですが、今年は全チャンネルとブログを合わせると、月収59万円になった月も。年収300万円台だったサラリーマン時代よりも大幅に稼げていますね」  一時はiPhoneやiPad、さらにはショベルカーまで購入して物欲を満たした。 「しかし物を買っても幸福度は上がらないんです。高収入である必要はないと実感しました。これからも底辺スローライフを突き詰めていきたいですね」  サラリーマンから見れば、カズヒロ氏のライフスタイルは“底辺”ならぬ“天国”とも思える……。
次のページ
【動画】貯金が1000万円になりました。
1
2
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事