ライフ

ユニクロ研究家が驚愕した「春夏の最高傑作」3選。高品質なのに安すぎる

 メンズファッションバイヤー&ブロガーのMBです。洋服の買いつけの傍ら、「男のおしゃれ」についても執筆しています。連載第314回目をよろしくお願いします。

実はアップデートを続けている定番品

メンズファッションバイヤーのMB

メンズファッションバイヤーのMB。「『おしゃれに見える』にはちゃんと理由があるんです」が持論(撮影/難波雄史)

 今回はユニクロの2021年春夏新作について。定番アイテムながらアップデートされたアイテムを3つ紹介します。私、ユニクロ研究家を名乗っておりますが、長年ユニクロを買い続けてるからこそわかる「アップデートポイント」です。  直近の第1四半期でも2割増益を達成したユニクロですが、この春夏も快進撃するでしょう。なにしろアイテムを見ると例年以上に気合入った超コスパアイテムが多いので……。

▼ブロックテックパーカ(3Dカット) 5990円(+税)

ブロックテックパーカ(3Dカット)

ブロックテックパーカ(3Dカット)

 ユニクロお得意のブロックテックパーカ。そもそも「ブロックテック」とはユニクロ独自の透湿防水素材。いわゆる「ゴアテックス」の廉価版の様なもので、撥水と透湿性(湿気を逃す機能)を備えたハイテク素材です。 「といっても、ただのブルゾンでしょ?」と思うなかれ。これがなかなか便利です。  雨や寒さは防いでくれるのに透湿性のおかげで電車の中で蒸れて不快になることもない。特に気温の変化激しい都市生活者には快適に感じるでしょう。  サイズ感や色味、生地の硬さなど初期モデルから比べるとレベルアップをしている今作ですが……実は大きなところでは「運動性」と「シルエット」の2点が向上しています。
次のページ
コスト増のはずなのに値段は据え置き
1
2
3
4
5
6
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事