エンタメ

朝ドラでも話題。吉川 愛が語る「芸能界を離れてよかったこと」

ディズニーの最新作『ラーヤと龍の王国』が今週5日に公開される。ヒロイン・ラーヤ役の吹き替えに抜擢されたのは、声優初挑戦となる吉川愛。現在放送中の連続テレビ小説『おちょやん』でも話題を呼んだ21歳の美人女優、その知られざる素顔とは? 吉川愛

役によってお芝居を変えられる表現力を培っていきたい

 連続テレビ小説『おちょやん』で杉咲花の同僚役が話題となり、ヒロインを務める映画『ハニーレモンソーダ』が7月に公開を控えるなど、今、大注目の女優・吉川愛。3月5日から公開されるディズニー最新作『ラーヤと龍の王国』では、なんと声優初挑戦ながら主人公・ラーヤの吹き替えに抜擢された。 吉川:ディズニーのヒロインに選ばれるなんて夢のようです。ラーヤは、人々が失った信じあう心を取り戻すために闘う強い女性。私もどちらかというと“かわいい”より“強い”ほうだと思うのですが、ラーヤ役では、より女性としての強さとしなやかさを表現するように心がけました。  声優初挑戦といっても3歳で子役デビューし、芸歴はすでに15年を超える。高校生のときに一度芸能活動を離れた時期もあったが、20代になり本格派女優としてめきめきと頭角を現すように。 吉川:芸能界から離れていた時期にパン屋さんでアルバイトを経験したこともあり、そのおかげで、視野や演技の幅が広がったと思います。お芝居で気をつけているのは、『同じ役にならない』こと。またこの演技かと、一本調子にならないように。ラーヤもこれまでの役と異なる演技になっていると思います。

運命のヒロイン

 ラーヤ役では、本人の可憐さからは想像のつかない力強い声を響かせる。 吉川:改めて声だけで表現する声優さんを尊敬しました。もともとアニメが大大大好きで、家でもアニメばかり見ているので、憧れのアフレコ現場は感無量でした(笑)。  美貌と演技力を兼ね備えたヒロイン候補の大本命。今年、映画にドラマに声優にと縦横無尽に躍動する!
吉川愛

アニメの話では大きな瞳がいっそう輝く。「きっかけは『妖狐×僕SS』で、最近だと『呪術廻戦』にハマっています。お気に入りは五条悟さん。目がたまらなく好きです!」

【吉川愛】 ’99年、東京都生まれ。子役としてデビューし、数々のドラマに出演。主役のラーヤの吹き替えを担当するディズニー最新作『ラーヤと龍の王国』が、3月5日(金)から全国映画館とディズニープラス プレミアアクセスにて同時公開。出演ドラマ『連続ドラマW インフルエンス』(WOWOW)も3月20日から放送開始 撮影/てんてん スタイリング/武久真理江 ヘアメイク/山口恵理子 取材・文/宮下浩純(本誌) 衣装協力/BAUM UND PFERDGARTEN/S&T ※週刊SPA!3月2日発売号より
週刊SPA!3/9号(3/2発売)

表紙の人/ BEYOOOOONDS

電子雑誌版も発売中!
詳細・購入はこちらから
※バックナンバーもいつでも買って、すぐ読める!
Cxenseレコメンドウィジェット
ハッシュタグ
おすすめ記事