お金

6500万円のレア物も。コロナ禍で活況「スニーカー投資」で稼ぐコツ

 コロナ禍をきっかけに、副業を始める人が増えている。ギグワーク(単発の仕事)やネットビジネスなど様々な副業がある中、「投資」も本業以外の収入をプラスする1つの手段になるだろう。  積立投資や株式投資といった資産運用以外にアートやワイン、玩具などのコレクション投資を行う方法もある。そんな中、今ひそかに話題を呼んでいるのが「スニーカー投資」だ。  アメリカではスニーカー投資で成果を出し、億万長者になった例まであるという。まさに「アメリカンドリーム」を感じさせる、夢のある投資術なのではないだろうか。
村川智博

株式会社ベクトル 代表取締役の村川智博氏

 今回はスニーカー投資に精通し、YouTubeチャンネル「ジョーダン村川のレアもん投資チャンネル」を運営する株式会社ベクトルの代表取締役・村川智博氏にスニーカー投資の始め方や稼ぐためのコツについて話を伺った。

ビックリマンシール、キン消し、ミニ四駆…。流行り物は何でも集めた幼少期

 村川氏は、幼少期からとにかく“何かをコレクションする”ことにはまっていたそうだ。 「幼稚園の頃は『まじゃりんこシール』を、小学1年時には『ビックリマンシール』を集めていました。どちらも当時ブームになったものですが、“流行りもん”に飛びつき、コレクションするのが趣味だったんです。最初は集めたシールを友達に売っていたんですが、親に怒られてしまい(笑)、途中から物々交換するようになりました。幼少期は私にとって、コレクターの原点になっていますね」  その後も一世を風靡したキン肉マン消しゴム(キン消し)やガンダムメンコ、ファミコンソフト、ミニ四駆など、ありとあらゆるホビーアイテムをコレクションしては、友人知人の間で物々交換をしていたという。  そんな中で、「欲しい物が人それぞれ違うことに気づいた」と村川氏は話す。 「『これは流行るぞ』と思うものに手を出してきたんですが、対象のアイテムによって欲しがる人が異なることを学びました。そして、90年代に一大ブームを呼んだ『カシオのG-SHOCK』や『ナイキのエア ジョーダン』が登場したことで、転機が訪れたんです」

ジョーダンブームに乗っかり、スニーカーコレクターの道へ

村川智博 G-SHOCKとエア ジョーダンこそ、村川氏がコレクターとして頭角を現すきっかけになったアイテムだった。  さらにスニーカーブームは加熱。“エアマックス狩り”が社会問題にもなった。人気モデルはプレミア価格で取引され、街中で履いているレアスニーカーを強奪しようとする連中が出現、村川氏自身も狙われた経験があるそう。 「人気漫画の『SLAM DUNK』に登場する主人公・桜木花道が、『エア ジョーダン6』を履いていたことがきっかけで、日本でもジョーダンブームが一気に盛り上がった。そんなブームの最中、私とジョーダンの馴れ初めは中三の時に大阪のアメ村で見つけた『エア ジョーダン4』。色々と探し回り、定価約1万5000円のものが4万2000円で売られていたのを購入したんですね。  ただエピソードがあって、ジョーダンを履きながら当時の通天閣周辺のストリートを歩いていると、10~15人くらいの高校生に追いかけられたんですよ(笑)。それだけ、ジョーダン人気がすごかった」  ジョーダンブームに乗っかるかのごとく、村川氏もスニーカーのコレクションをどんどんと増やしていく。 「累計で何十万、何百万とするプレミア価格のものを含め2000足くらいは収集した」と語る村川氏だが、そのコレクター活動を支えたのは個人売買情報誌『QUANTO』(ネコ・パブリッシング発行、現在は廃刊)の存在が大きかったという。 「『売ります買います交換します』という情報が、まるで電話帳のようにずらっと並んでいる雑誌で、ここによく掲載していたんですよ。流行るアイテムのチェックは欠かさなかったので、続けていくうちに結構稼げるようになりましたね。最高で月に1000万くらいいった時もあったかな。彼女ができると、交換して手に入れたロレックスをあげたりしてました(笑)」
次のページ
2000足のスニーカーをいったん手放すことに…
1
2
3
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事