エンタメ

飛ぶ鳥を落とす勢いの芸人・ニューヨークの思い「東京がレベル低いなんて、絶対言わせない」

 昨年『キングオブコント2020』で準優勝、同年末の『M-1グランプリ2020』で2年連続の決勝進出を果たし、今年一気にブレイクしたお笑いコンビが「ニューヨーク」だ。
ニューヨーク

嶋佐和也(左)と屋敷裕政

 毒のある切れ味鋭いネタを武器に“男ウケNo.1”とも言われ、「若手芸人が憧れる芸人ランキング」では7位にランクイン。今年4月から初の地上波冠番組もスタートと、今や飛ぶ鳥を落とす勢いの2人だが、デビュー当初から「ネクストブレイク確実」と言われながらも燻り続けた過去がある。ようやく摑んだスターダムへの切符を手に、何を思うのか? その胸中に迫った!

YouTubeを始めたのがターニングポイント

――今年に入ってからテレビ出演が急増していますが、お二人の中でターニングポイントはいつだったのでしょう? 屋敷:2019年1月から始めたYouTubeの配信が大きかったです。散々“ネクストブレイク”と言われ続けてきたのに、当時、テレビのレギュラーはゼロ。2017年から唯一のレギュラーだったラジオも1年で降板になって、この感じでゆっくり下降していったら辞めてまうんちゃうかなと思って、自分から動こうと。芸人の中では、始めたのは結構早めやったと思います。 嶋佐:コンビ結成5年目で『キングオブコント』の準決勝に出て、7年目で『M-1』も準決勝。ここから一気に決勝にいけるかと思ったら、『キングオブコント』は2回戦、『M-1』は準々決勝で落ちてしまった。節目の10年目を迎えても、目に見えた成果はほとんどなし。キャリアに行き詰まりを感じてましたね。 屋敷:「このまま賞レースだけにベットしていくのは、ちょっと効率が悪いのかもしれない」とは思ってました。 ――そこから這い上がり、4月からは初の冠番組『NEWニューヨーク』(テレビ朝日系)がスタート。「定番になっているお笑いネタやバラエティ企画にニューヨークらしさを加えた新しい笑い」ということですが。 嶋佐:番組が決まったときは、定番ネタにメスを入れることに怖さもありましたけど、蓋を開けたら何でもありで、コンテンツはもうめちゃくちゃです。

良くも悪くも、僕らにはなんのこだわりもない

ニューヨーク屋敷:せやな。定番を壊して「お笑い革命を起こそう」なんて大それたもんじゃなくて、ただ単純に僕らが面白いと思う笑いを届けたい。そういう気持ちが強いですね。 ――ご自身では“ニューヨークらしさ”とは何だと思われますか? 嶋佐:ちょっと待ってください(スマホを取り出す)。Wikipediaの芸風のところには「皮肉や偏見に満ちた底意地の悪さを湛えたネタが持ち味」と書かれています。 屋敷:その回答、絶対にあかんやろ。でも、ムズいな〜。自分たちが面白いと思っていることをネタとして披露してるだけなんで、客観的に芸風をとらえたことないからな。 嶋佐:計算してニューヨークらしさを出しているわけじゃないから。 屋敷:良くも悪くも、僕らにはなんのこだわりもないんです。
次のページ
東京のお笑いは、多様だし寛容
1
2
3
4
週刊SPA!6/22号(6/15発売)

表紙の人/ アンジュルム

電子雑誌版も発売中!
詳細・購入はこちらから
※バックナンバーもいつでも買って、すぐ読める!
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事