お金

ビットコインを底値で買い利益4000万円。ポルシェ購入検討も買えなかったワケ

4年ぶりに仮想通貨投資が過熱している。4月に一時700万円にタッチしたビットコイン(BTC)価格は、今後どうなるのか。ほかの有望コインは? さまざまな角度から仮想通貨の“今”を徹底解剖! 今回は見事に“底”でBTCをゲットしたサラリーマン投資家の実体験を聞く。

利益4000万円!『ポルシェ購入を検討しました』

[総力大特集]儲かる仮想通貨

和田信也さん(仮名・40代)

 前回の仮想通貨バブルがはじけ、暴落した後に仕込んだ人ほど、今回は大きな恩恵を受けている。「’18年後半から’19年の前半にBTCが50万円以下まで下がり、『これはさすがに“底入れ”しただろう』と、買い集めたんです」と話すのは、都内で働く会社員の和田信也さん(仮名・40代)だ。 「何度かに分けて購入し、原資は合計で400万円ほど。底入れしたかなと思ったのは、海外の仮想通貨に関するリポートでポジティブな内容が増えてきたからです。メリルリンチなどが明るい展望を出していて、『絶好の買い時かもしれない』と、一気に動きました」 [総力大特集]儲かる仮想通貨 ’17年以降の長期チャートを見ると、和田さんは見事に“底”を摑んだことになる。 「そして去年後半からの大暴騰です。3月には最高で約4000万円の含み益になりました。思わずプロ野球選手が来るという高級外車ディーラーに行ってポルシェの試乗をしたりしていましたね(笑)」

BTC価格が急落

 しかし、5月に入ってからBTC価格が急落。含み益の半分が吹っ飛んでしまったという。 「まだ2000万円以上は勝っているのですが、痛かったのは今年に入って追加購入した分です。1BTC=600万円台で100万円分くらい“高値掴み”をしてしまって、ポルシェも見送りです(笑)」
次のページ
初心者にオススメの方法は?
1
2
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事