エンタメ

雨上がり決死隊解散で振り返る「コンビだと忘れがちな芸人」7選

 8月17日、お笑いコンビの雨上がり決死隊がオンライン解散報告会で解散を発表しました。結成から32年の大きな決断に、芸能界や視聴者からは残念という声もあがりました。
 2人がコンビ揃った姿を見せたのは、宮迫博之の闇営業問題から約2年ぶりのことでしたが、雨上がり決死隊のように、コンビ揃った姿をなかなか見かけない芸人が多くいます。  そこで今回は、「テレビなどでコンビでは見かけない」「コンビだと忘れていた」芸人をまとめました。

DonDokoDon 解散はあえて言わない

(画像:山口智充オフィシャルホームページより)

(画像:山口智充オフィシャルホームページより)

 “ぐっさん”こと山口智充(52)と平畠啓史(53)のコンビ、DonDokoDon。2006年にコンビ名義でレギュラー出演をしていた『ワンナイR&R』が終了して以降、コンビでの活動をほとんど見なくなりました。  2013年放送の『さんまのまんま』で明石家さんまからコンビ活動について問われた山口は、「解散って言葉はマイナスイメージなので、あえて言うことはないんじゃないかと」と言及。正式に解散は発表していないものの、コンビは自然消滅しているようです。  所属事務所である吉本興業のホームページでもコンビページはなくなり、個人ページのみとなっています。  平畠はJリーグウォッチャーとして「ひらはたフットボールクラブ」というYouTubeチャンネルを開設しています。
次のページ
麒麟やますだおかだも
1
2
3
4
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事