エンタメ

宮迫の謝罪が「謝罪に見えない理由」。雨上がり決死隊、解散会見の表情を分析

 こんにちは。微表情研究家の清水建二です。  本日は、「アメトーク・特別編 雨上がり決死隊解散報告会」(吉本興業のYouTube公式チャンネル、ABEMAにて8月17日20:00より配信)にて語られたコンビ解散に至っに蛍原・宮迫両氏の心情について推測したいと思います。  特に私が気になったのは番組中盤、ゲストの東野さんが、宮迫さんが闇営業に関わったことを起因として、今回の解散に至った経緯について、蛍原さんの気持ちについて尋ね、蛍原・宮迫両氏が返答する場面です。  蛍原さんは、宮迫さんの復帰について、世間の皆さんの声が落ち着くまで大人しく謹慎し、舞台から地道にやり直し出来たらと思っていた、「宮迫さんも絶対そう思っていると思ったんですけど(違った)」と自身の気持ちを答えます。  また、宮迫さんからYouTubeで活動を始めるという報告があったかについて尋ねられ、蛍原さんは、 「『やろうかと思ってんねん』じゃなしに、『もう、やることが決まっている』っていう」「『あ~決まってんのか』って。(やらんでもいいけど、今さら)言えない空気。で、一番、僕ん中で大きかったのが、え~始めた時期。え~ロンブーの会見の前にした、あの、あの時期がやっぱり僕、今だにちょっと」  とお互いの考えが異なっていたこと、すれ違っていった経緯を告白します。

蛍原の顔には嫌悪と悲しみが

 このとき、蛍原さんの顔には何度も悲しみと嫌悪表情が観察できました。「宮迫さんと同じ気持ちだと思ったのに違った。なぜ相談もせずにYouTubeを始めてしまったのか。もう後戻りできないじゃないか」という悲痛の心情を察することが出来ます。  ここで、YouTube活動について宮迫さんが釈明します。  YouTubeを始めるかどうかについては葛藤があり、この気持ちを蛍原さんに伝えきれていなかった、と謝罪します。  また、大人しく反省し続ける選択もありながら、「一番アカンこと、考えてしまってた、消えてしまった方がいいのかな」など考えているときにYouTubeの話が来たと。コラボでの撮影をすでに済ませており、相手に迷惑をかけられない、また相手の都合もあって、YouTube活動が始まった、さらに最初のYouTube動画は「謝罪」だったのでスタートと考えてなかった、こうした色々なことを蛍原さんに伝えきれていなかったのは自分のミスであり、自分の一番ダメな部分が出てしまってのズレだ、と説明します。
次のページ
宮迫の謝罪が謝罪に見えない理由
1
2
3
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事