仕事

集中できるリモートワークのカギは“二酸化炭素の濃度”にあった

二酸化炭素濃度が低いと集中できる

締め切った部屋で換気をしないと、すぐに二酸化炭素濃度が上昇してしまう

締め切った部屋で換気をしないと、すぐに二酸化炭素濃度が上昇してしまう

 人は、常に酸素を吸って、二酸化炭素を吐き出しているわけですが、狭い家の中にいると、すぐに部屋の空気は、自分の二酸化炭素で満たされてしまうのです。二酸化炭素濃度が高いと、眠くなったり、集中力が下がるといわれていますが、これこそが家で集中できない理由ということに気づきました。  また、「なぜファミレスが集中できる環境か」ということも同時にわかりました。コロナによって、ファミレスは外気導入型のエアコンを採用している傾向があるということが判明したわけですが、そのために、店内の二酸化炭素濃度が低いのです。  では、どうやって自宅の二酸化炭素濃度を測るかというと、Amazonなどで売られている二酸化炭素濃度計を買えばよいのです。値段は、5000円ほどとちょっと高めですが、ケチな私はこれを購入。その結果、家でも集中して仕事ができる環境を手に入れたのです。二酸化炭素濃度計の表示を見ると、「なんだか集中できない」と思う時や、「眠い」と感じる時の水準は、だいたい1200ppm以上といったところ。それに対して、仕事がスムーズにできるという数値は、800ppm以下というのが私の体感です。

二酸化炭素濃度1000ppm以下を目指す

サーキュレーター

ヨドバシドットコムで買った四角いサーキュレーター

窓を空けてサーキュレーターで換気した状態

窓を空けてサーキュレーターで換気した状態

 実際、ネットで調べたところ、1000ppmという数値が一つの分かれ目とのことでした。1000ppm以上だと集中力が下がるので、1000ppm以下が望ましいということが書かれています。二酸化炭素濃度が上昇したらどうすればよいのかというと、やはり一番は換気です。ただ、換気といっても、常に窓を空けておくと、今の時期は部屋が暑くなってしまいます。  そこで、私は、四角いサーキュレーターを買って窓に設置。二酸化炭素濃度が上昇したときに、一気に外気を取り込んで、二酸化炭素濃度を下げるということをしています。また、私の部屋のクローゼットには、換気扇が備え付けられているのですが、エアコンをつけながら換気扇を回すと、部屋の二酸化炭素をある程度吸ってくれる模様。二酸化炭素濃度が下がった状態であれば、濃度が上昇するのを防ぐという効果があります。  私はまだ実践していませんが、エアコンを外気導入型に買い換えるという方法が、二酸化炭素濃度を最も効率よく低くできると思います。エアコンからは、なんだか新鮮な空気が出てくる感覚がありますが、通常のエアコンは、基本的に内気循環です。つまり、部屋の中の空気を取り込んで、“冷やす/暖かくする”を行っているのです。
次のページ
室内も車内も“外気循環”が理想
1
2
3
Cxenseレコメンドウィジェット
ハッシュタグ
おすすめ記事