デジタル

家のリモコンをスマホ一台に集約する神アプリ。3分でわかる「Nature Remo mini 2」の使い方

部屋のリモコンは増える一方

「Nature Remo mini 2」はAmazonで5380円で購入

【画像をすべて見る】⇒画像をタップすると次の画像が見られます  リビングにはエアコンやテレビ、レコーダー、スピーカー、照明など、多数のリモコンが転がっているのではないだろうか。いざ使おうとすると見つからなかったり、離れたところにあったりして、手間取ることも多い。  一般的な製品だと遠隔操作できないのも不便だ。寒い冬は家から帰るときに暖房で部屋を暖めて欲しいところ。電源を入れっぱなしにするのは電気代が怖いし、タイマーを使おうにも帰宅時間は読めない。  筆者の場合は、テレビの前にサウンドバーを設置しているのだが、テレビリモコンの受光部を少し塞いでおり、寝転んだ状態では操作できない。少し腕を上げて、斜め下にリモコンを向ける必要があり、手間がかかる。

すべてのリモコンをスマホに集約

充電用のmicro USBケーブルを接続。ACアダプターは同梱されていないので自前のものを利用する

 これらすべてはIoTデバイス「Nature Remo mini 2」で解決できる。温度センサーを内蔵したスマートリモコンで、リモコンの機能をスマホアプリに集約できる。「Nature Remo mini 2」をWi-Fi経由で操作できるため、外出先からの操作も可能。家を出てからエアコンの消し忘れに気がついても問題ない。  接続するケーブルは電源のmicroUSBケーブル1本のみ。ACアダプターは付属していないので、古いスマホの充電器などを流用しよう。
次のページ
使い方の手順を簡単ガイド
1
2
3
テキスト アフェリエイト
Cxenseレコメンドウィジェット
Pianoアノニマスアンケート
おすすめ記事
おすすめ記事
Cxense媒体横断誘導枠