お金

次世代遊技機「スマートパチンコ」の導入でパチンコ業界に広がる混乱

コロナ禍の影響を受けにくいとされるスマートパチンコ、スマートパチスロだが……

パチンコ・パチスロ

写真はイメージです(Photo by Adobe Stock)

 3月24日、パチンコ・パチスロメーカー団体である日本遊技機工業組合(日工組)と日本電動式遊技機工業協同組合(日電協)が記者会見を行い、次世代遊技機と言われているスマートパチンコ・スマートスロットがそれぞれ2023年1月、2022年11月の納品を目標としていることを明らかにした。  スマートパチンコ・スマートパチスロは、元々「封入式遊技機」(後にecoパチとも呼ばれた)という名で開発が進められていた次世代遊技機で、最大の特徴は、遊技客が直接、遊技球やメダルを触らずに遊技が出来ることや、全国の遊技台の出玉データをデータセンターなるところで一元管理が出来るというもの。  コロナ禍の影響を受け、玉やメダルに触らない構造が感染予防に資する点や、出玉データの一元管理により、ホールの行き過ぎた釘閉めの監視や、また依存対策の予防にも適するという観点から、警察庁のお墨付きで開発が進められていた。  本来であれば、本年夏頃にはホールに登場すると言われていたが、世界的な半導体不足や、資材調達の見通しが立ちづらいことから、販売時期が大幅に遅れる見込みとなった。

パチンコホールは次世代遊技機の導入に慎重な姿勢

 某メーカーの開発担当者は言う。 「スマパチ、スマスロの納品時期については、これまでにも何度か延期されてきた。今回の納品時期もあくまで資材調達が出来るであろう希望的観測も多分に含まれている。今後、更に納期が遅れる可能性は十分にある。特に深刻なのは遊技機そのものではなく、遊技機とデータセンターを繋ぐユニット。各メーカー、一体何本作れば良いのかもまだ分からない状況」  次世代遊技機と言われているスマートパチンコ・スマートスロットを実際に導入するパチンコホール側の意見は様々だ。  導入積極派の主な意見としては、次世代遊技機の普及のため、スマパチ・スマスロに限り、スペックや出玉性能の緩和が認められる公算が高いという点。特にパチスロ現行機である6号機は、上限2400枚規制(1回の大当たりの最高獲得枚数が2400枚)が撤廃されるのではという噂もまことしやかに流れている。
次のページ
最大のネックは、高額な導入費用
1
2
テキスト アフェリエイト
Cxenseレコメンドウィジェット
Pianoアノニマスアンケート
おすすめ記事
おすすめ記事
Cxense媒体横断誘導枠
余白
ハッシュタグ