仕事

「日本を飛び出して本当によかった」年収360万円だった43歳男性、アメリカに渡り年収2000万円に

―[日本人の値段]―
バブル経済が崩壊した1990年代以降、日本人の平均年収は「400万円台」から30年間ほぼ変わっていない。しかし、自身の“市場価値”を把握し、世界を相手に適正年収で働く日本人も存在する。果たして、我々日本人の値段とは――。

海外では専門性の高さ=市場価値。毎年200万円の昇給の可能性も!?

日本人の値段

矢島亮介さん(仮名・43歳・米国のホテル運営会社勤務)。現在はニューヨークのオフィスに勤務。旅行会社や社員の出張が多い企業などへの法人営業を担当している

「仕事の内容は大差ないのに国が替わっただけで収入が数倍。大変なことも多いですけど、日本を飛び出してよかったとつくづく思います」 そう語るのは、米国のホテル運営会社で働く矢島亮介さん(仮名・43歳)。大学卒業後、国内のシティホテルに就職し、20代半ばで外資系ホテルチェーンに転職。その後、32歳で海を渡り、今ではインフレに伴う賃金上昇の影響はあるが年収14万ドル(約2000万円)の高給取りだ。 「日本国内のホテルチェーンで働いていた際の年収は約360万円。その後の外資では約560万円と年齢の割にもらっていましたが、あのまま働き続けても今の半分も稼げなかったでしょうね」 ただし、当初は海外転職する気はなかった。それでも内勤の営業担当として海外のクライアントと仕事をする機会が多く、その中で次第に興味を持つようになったそうだ。 「英語は仕事上必要で就職後も勉強していました。30歳を過ぎた頃にはTOEICは900点台。これならワンチャンあると思ったんです」

アメリカなら同じ仕事でも年収は倍以上

海外ホテル業界は非公開求人が多かったこともあり、転職エージェント会社と契約。その際、「アメリカなら同じ仕事でも年収は倍以上」と言われたのが大きな後押しに。 「今のホテルがアジア圏からの宿泊客を増やそうと考えていた時期で、そのタイミングも幸いしました。こっちの流儀に合わせる必要はありますが、細かい気配りなど日本的な営業のやり方が通用する部分もあると感じています。実際、取引先から『さすが日本人だよねぇ』とお褒めにあずかることも多いので(笑)」 就労ビザの取得は会社や転職エージェントがサポートしたが「半分ダメ元、無理なら別の国を考えていた」と矢島さんは振り返る。 日本企業時代から考えれば、矢島さんの持つ日本流おもてなし技術×英語力で年収は約6倍に。日本人は、自分の価値が抑えられている可能性に、気づくべきなのかもしれない。

日本人の値段…海外で働くホテル従業員の場合

★日本での年収360万円⇒アメリカでの年収2000万円に!
次のページ
100万単位の昇給も
1
2
3
4
週刊SPA!7/4号(6/27発売)

表紙の人/ 20th Century

電子雑誌版も発売中!
詳細・購入はこちらから
※バックナンバーもいつでも買って、すぐ読める!
おすすめ記事
ハッシュタグ