エンタメ

「アイドルになるため東大に入った」高学歴アイドル“学歴の暴力”メンバーが活動休止…本人を直撃

なぜ活動を休止することになったのか

なつぴなつ氏

活動休止の真意は……?

 前述の通り、そうしたなかでの活動休止の真意はなにか。筆者の問いに、なつぴなつ氏は「私の性格が悪いだけなんですけど」と屈託なく笑って、こう答えた。 「学歴の暴力として2年半くらいやってきて、表に立つのが疲れてしまったというのもあります。  それと、他のメンバーたちがみんなとても可愛くて、愛嬌もあるんですよね。幸いなことに私を通して知ってくれる人も多いのですが、最終的にみんな他の可愛いメンバーを好きになっていくんです。『こんな珍妙なアイドルを推すのに、結局、顔がかわいい女の子が好きなのか!』と拗ねてしまったのも、理由の一つです(笑)。  努力しても誰も私を見ていないし、『やりがいがないな〜』と感じることも多くて、アイドルとしての限界が見えてしまったというか。大好きだったステージに上がることが楽しくなくなってしまって、今は少し自分が何をしたいのか見つめ直したいなと思っています」  圧倒的偏差値の高みから繰り出される話はどれも興味を惹かれるが、自らをきれいに見せようと背伸びをしないところに賢さの真価をみる。人間関係で痛手を追いながらも、あけすけに自己開示できる人間力こそ、なつぴなつ氏の本領といえそうだ。 <取材・文/黒島暁生>
ライター、エッセイスト。可視化されにくいマイノリティに寄り添い、活字化することをライフワークとする。『潮』『サンデー毎日』『週刊金曜日』などでも執筆中。Twitter:@kuroshimaaki
1
2
3
おすすめ記事
ハッシュタグ