恋愛・結婚

育成シミュレーション型SEXで妻を開発!?

「まだまだ楽しい!」という夫婦がいれば、「とっくにセックスレス」というカップルも。人によってはすでに「不倫」を経験していたり……。熟年夫婦のデータはよく目にするが、30代のSEXライフは意外と調査されていない。そこで本誌では既婚者300人を対象に、性生活の中身に迫るアンケートを実施。さらに、夫婦のSEXのさまざまなパターンへの詳細な聞き取り調査を通して、今どきの30代夫婦の「SEXの実像」をリポートする

【CASE2】 育成シミュレーション型SEXで妻を開発!

100525_CL1_08.jpg
「結婚して2年たちますが、夫婦のSEXが楽しくてしかたない」と語るのは、太田和樹さん(仮名・31歳)。「週に4~5回」と、平均よりかなり多めにこなしているが、意外にも「妻はもともと経験が浅く、オクテなタイプだった」そう。性格の一致や経済観念などは気にせず、「恥じらう表情やしぐさにグッときて結婚した」と、とにかくSEXの場面での妻の姿が、どストライクだった、というわけだ。

 結婚してからも、あくなき探究心で妻に迫り続けている。

「最初は怖がってましたが、今はローターや電マ、バイブもたまに使いますね。AVで道具を使うシーンを見せて『アレ、試してみたくない?』と聞いたのがキッカケ。ピンクローターを『ドンキで買ってきた』と言ったら『皆、使ってるんだ……』と敷居が下がったみたい(笑)。ハメ撮りも最初は妻を興奮させたい気持ちでトライしてみたんですけど、予想以上に自分がハマってしまいました。そのうち露出プレイもしたいですね。今はまだ嫌がっていますけど」

 と、まるで育成シミュレーションゲームのようにSEXを満喫する太田さん。一日に2回することもよくあるという。それだけ精力旺盛だと、妻以外ともヤりたくなるのでは?

「浮気願望はまだありません。というか、付き合うにはカネがかかるし、金銭的にもったいないというのが本音ですね。まぁ結局のところ、根本的な部分で妻も自分もSEXへの好奇心が一致してるので、現状で十分」

 何ともうらやましい話だ……。

「平日にSEXすると疲れるからしない、という同僚の話も聞きますが、僕はむしろSEXして、さらにドッと疲れて眠るのが好きなんですよね。そのほうが一日が終わった気がしますし、グッスリ眠れると思いますよ」

 太田さんにとって妻とのSEXは、一日働いて頑張った自分へのご褒美なのかも。

― 30代既婚者[リアルSEX]白書【6】 ―




おすすめ記事