ライフ

元プラスマイナス岩橋も公表…強迫性障害を抱える漫画家(38歳)が明かす壮絶な体験「まさに生き地獄」

 元お笑いコンビ「プラス・マイナス」の岩橋良昌さんがX(旧Twitter)上でパワハラを受けたことやエアガンで打たれたことなどを次々と告発し、物議を醸した。本人が「強迫性障害」を公表している一方、彼の振る舞いに対して驚きや批判的な声も多くあがった。その背景には、強迫性障害についてあまり知られていない現状があるようだ。「強迫性障害」とは、一体どのような病気なのだろうか。
強迫性障害

『強迫性障害です!』より(C)みやざき明日香/星和書店

 そもそも「強迫性障害」とは「本人にとって嫌な、不快でたまらないイメージや考えなどが頭に浮かぶ強迫観念と、その恐怖や不安を打ち消すために行う強迫行為(儀式的なおまじないのようなものを唱えること、手を洗うこと、決まった回数、あるいは回数を増やしながら何かをしなければならないこと、何度も同じものを確認すること、謝ること、など)から通常は成り立っています」『実体験に基づく強迫性障害克服の鉄則〈増補改訂〉』(田村浩二・星和書店)とある。  そんな強迫性障害について著書を通じて伝えているのは漫画家・みやざき明日香さん(38歳・@miyazaki_aa。強迫性障害を抱え、奮闘してきた経験を持っている彼女に強迫性障害を発症したきっかけや症状について取材した。

体液への恐怖心がきっかけで発症

――まずみやざき先生自身はいつ頃からどのようなきっかけで強迫性障害を発症されたのでしょうか。 みやざき明日香(以下、みやざき): 中学生の時に、父親が病気で入院し、病室で胃液のようなものを吐いているのを見てから、人間の体液が怖くなりました。家族と父親のお見舞いに行った帰りに食事をすると、「食べ物の中に異物が混入していないか」などそれまで気にならなかったことが気になり、バラバラに解体したり……。私の場合、体液への恐怖心が発症のきっかけになったように思います。 ――以前は普通の日常生活を送られていたのでしょうか。 みやざき:そうですね。小学生の頃、一番前の席に座っていると先生の唾がかかって、それが嫌だった記憶はありますが…一般的な感覚の範囲かと思います。

人によって症状が違うので一概に言えない

強迫性障害

『強迫性障害です!』より(C)みやざき明日香/星和書店

――元お笑いコンビ「プラス・マイナス」の岩橋良昌さんのX投稿騒動に伴い、彼自身が公表している強迫性障害についてもメディアで取り上げられました。みやざきさんは岩橋さんの行動を見てどのような印象を受けましたか。 みやざき:岩橋さんの「Xの投稿騒動」が強迫性障害の症状と関係あるのかについては、私には分かりません。「やってはいけないことをやってしまいたくなる衝動を抱えていらっしゃる」ことが一部で報道されていて、それが本当なら、「不道徳恐怖・懺悔強迫」(『図解 やさしくわかる強迫性障害』原井宏明・岡嶋美代、ナツメ社より参照)とよばれるものに近いのかもしれませんが、これはあくまで私の想像です。  強迫性障害の症状にはさまざまなものがあり、何を恐ろしいと感じるか、恐怖を打ち消そうとどんな行動を取るか、も患者さんによって違います。病気の問題は非常にデリケートですし、「この人はこうだ」と言うことは難しいです。  患者さんに共通していることは、ある行為をする(またはしない)ことによって、「こうなったらどうしよう」という強迫観念がわいてくること。それを打ち消そうと何らかの儀式的な行為(強迫行為)を繰り返すこと。わいてくる不安は強く、つきつめて考えていくとそれは「死への恐怖」なのではないかと思います。  例えば手をしっかり洗わないと何らかの病気に感染して死ぬのではないか、死んでしまうような病気を人にうつしてしまうのではないか、というような……(強迫行為の最中は「とにかく今感じている恐怖をなんとかしたい」と必死で、そんなことを考える余裕はないですよ)。
次のページ
血が滲むまで手を…
1
2
3
4
おすすめ記事
ハッシュタグ