R-30

どうしてもヤル気が出ない場合は仕事を辞めてみる!?

◆モチベーションが上がらない3タイプのサラリーマンへの処方箋

「どうしてもヤル気が出ねぇ」、「目の前の山のような作業に手をつけたくねぇ」 そんな根底の悩みから抜け出せないというサラリーマンたち。近著『崖っぷち「自己啓発修行」突撃記』を書くにあたり、50冊もの自己啓発書を読み漁ったという多田文明氏、多数の部下を率いる敏腕サラリーマンであり、作家業や学業にも邁進する河野英太郎氏が彼らに個別指導をしてくれた!

【ケース2】会社はもう辞めたいけど転職先も見つからずくじけそう

― 川本昭雄さん(仮名・30歳)製造メーカー勤務 ―

モチベーション「入社7年目。今や総括の立場ですが、語れるキャリアはマネジメント力くらい。転職したいのに、こんな僕が他の会社でやっていけるのか……」と、不安を語る川本さんに、河野氏は背中を押す。

「いずれにせよ今の会社にダラダラと居座るのはツラいだけ。選択肢は2つ。潔くステイして仕事を楽しむ工夫をするか、いっそ辞めてしまうか。ただ、新しい世界にも試練はつきもの。夫婦関係と同じで、異文化に入ると、蜜月の次は戸惑いを感じる時期が来ます。それを、新婚後に訪れる一過程と考えて受け入れられるかが大事。ここを経ないと、いつまでも次のステップに進めません」

【アドバイスをやってみて】
一度辞めたいと思った気持ちは抑え切れず、思い切って辞表を出しました。今の会社ではどうしても楽しむことができないので。辞めるまで2か月、追い込まれたので、次の仕事を絶対見つけようと思います。前向きになれました!

― 爆発的に「ヤル気」を引き出す超簡単な方法【7】 ―




おすすめ記事