非富裕層がフェラーリ458イタリアを買ったら何が見えるのか?

いつの時代も、大好きなクルマの自慢話ができる仲間がいるということは、本当に幸せなことであります。たとえ2500万円超の最新フェラーリと、その約10分の1のド中古デルタであっても、クルマバカの話は尽きません。今回は、バカ2人による愛車自慢対談にお付き合いください

MJブロンディ=文 Text by Shimizu Souichi
池之平昌信=写真 Photographs by Ikenohira Masanobu

←【前編】はコチラ

MJ:フェラーリはこれで10台目だけど、このところ1000万円くらいの安物ばっかり乗っていた。それは堕落だったんだ。もっと高いのを買って、自分を追い詰めたかったんだよ! その時、真の満足が生まれるんだ!!

伊達:狂ってますね

MJ:キミのデルタ、たとえゴムが全部溶けても、クルマの値段が245万円っぽっちじゃ、被害額が少なすぎる。もっと高いのを買って破滅しなきゃダメだよ

伊達:それは少しあったんですけど、先日離婚して貧乏になったので、ちょうどいい具合になりました

MJ:それは不幸中の幸いだったね……(笑)

伊達:ゴムが全部溶ける日が、なるべく先になるのを祈ってます

【結論】
もしも「クルマ道」があるならば、オリンピック選手同様、自分を限界まで追い込んだ先に(金銭的に)、別の地平が見えるはず。そしてそこには、ある種の貴さが漂っているはずだ……と思いたいでちゅ

◆お値段2580万円!非富裕層ですが、買ってみました!!(MJブロンディ)

フェラーリ

フェラーリの品質はもはやトヨタ以上。走りは宇宙戦艦、故障の心配もほぼないが、なにしろ高い。新車価格2830万円、2年落ちでもこの価格



◆18年落ちで、お値段245万円。世界一壊れるらしいけど、買ってみました!!(伊達軍曹)

ランチア

かつて世界ラリー選手権で大活躍した戦闘マシンなれど、市販モデルは故障の帝王、しかも今乗るとかなり遅い! トラブルを待ちつつ、風情を楽しむのみ

 
― どっちがバカか愛車対決!【2】 ―




おすすめ記事