R-30

世界一の故障伝説を持つクルマを買えば勇者になれる!?

いつの時代も、大好きなクルマの自慢話ができる仲間がいるということは、本当に幸せなことであります。たとえ2500万円超の最新フェラーリと、その約10分の1のド中古デルタであっても、クルマバカの話は尽きません。今回は、バカ2人による愛車自慢対談にお付き合いください

MJブロンディ=文 Text by Shimizu Souichi
池之平昌信=写真 Photographs by Ikenohira Masanobu

フェラーリ,ランチア 諸君らド底辺サラリーマンは、ド底辺のくせに、クルマバカのことをバカにしていることだろう。なかでもいまさら愛車自慢をするヤツなんざ、バカ中のバカだと思っているだろう。

 そんな諸君らに、サワヤカなバカ対決をお見せしよう。

 このたび、2580万円にてフェラーリ458イタリア(2010年製・中古)を買った不肖MJブロンディと、245万円にてランチア・デルタ・インテグラーレEVOII(1994年製・ド中古)を買った伊達軍曹(輸入中古車研究家)の、愛車自慢である。

MJ:キミがデルタを買うと言ったら、一部マニアから、ネット上で賞賛の声が相次いだね

伊達:ですね。やっぱり世界一壊れるという伝説があるからでしょう。デルタを買う者は、今でも勇者なんですよ

MJ:確かにデルタの故障伝説は凄い。俺が初めてフェラーリを買った19年前、「フェラーリは世界一壊れる」という迷信が世の中を支配していたけれど、それでも「デルタよりはマシ」って噂で、それが心の支えだった

伊達:壊れそうなクルマに乗る者は、尊敬されますね

MJ:アクセル全開にするとオイルフィルターが吹っ飛ぶっていう噂、本当なの?

伊達:まだ吹っ飛んでないです。買って3か月ですけど、故障ゼロです

MJ:それは、世間の期待を大いに裏切ってるね……

伊達:先達の話によると、「そのうちエンジンルーム内のゴム類が全部溶け始めるから大丈夫」だそうです

MJ:早く溶けてほしいね

伊達:ですね

MJ:溶けないと、デルタの意味がないよ!

伊達:まだ溶けないので、実用車として重宝してます。エアコンの効きは少し甘いですが

MJ:エアコン、効くの!?

伊達:効きます、一応

MJ:それも、世間の期待を猛烈に裏切ってるね……

伊達:ところで、フェラーリ458は尊敬されますか?

MJ:まあね(笑)。このご時世、富裕層でもないのに、そんな高いフェラーリ買うなんて! って、宇宙人的に尊敬されてるよ

伊達:確かに宇宙人的です。クルマも宇宙船的です

MJ:狂ったように速いよね

伊達:狂ってますね。もはや地球上の乗り物とは思えません。我々が教習所で習った常識はすべて通用しないと思います

MJ:ハンドル切ると、凄いことが起きるよね

伊達:ちょっと切っただけでUFOのように曲がるので驚きました。一般の方が運転したら、なんでもないカーブで、内側のブロック塀に激突
すると思います

MJ:曲がりすぎちゃうよね

伊達:曲がりすぎちゃいます。加速も凄すぎる。こんな性能が必要なんですか?

MJ:必要なわけないじゃん。ただ、高みを覗いてみたいんだ。エベレストに登ってみたいんだよ!

伊達:アホですね……

【後編】に続く⇒https://nikkan-spa.jp/292177
「非富裕層がフェラーリ458イタリアを買ったら何が見えるのか?」


― どっちがバカか愛車対決!【1】 ―

1962年東京生まれ。慶大法卒。編集者を経てフリーライター。『そのフェラーリください!!』をはじめとするお笑いフェラーリ文学のほか、『首都高速の謎』『高速道路の謎』などの著作で道路交通ジャーナリストとしても活動中。清水草一.com





おすすめ記事