カーライフ

「ハイブリッドカーが世界中でバカ売れ」の実情

今年も、真夏の富士スピードウェイにて、プリウス、アクア、インサイトなど、合計56台のエコカーによって行われた 「エコカーカップ2012 2時間耐久レース」。昨年の大和(ド中古の初代プリウス)の優勝で味を占めたSPA!は、連覇を目指し今年はボコボコブー号(アクア)で参戦。世界で銅メダルのプリウス並みに大躍進いたしました ⇒昨年の「エコカーカップ」の模様はこちら
(https://nikkan-spa.jp/54640)
アクアMJブロンディ=文 Text by Shimizu Souichi 池之平昌信=写真 Photographs by Ikenohira Masanobu  当コラムでは、「プリウスは日本でしか売れてない」と、繰り返し書いてきた。実際、昨年の販売台数は、日本では1位だが世界全体では42位。日本でいくら売れても、海外ではアメリカを除いてまるで人気がない。「世界中でハイブリッドカーがバカ売れ中」と思い込んでいる日本の大マスコミは大バカである。  と思って安心していたら、なんと! 今年に入ってプリウスが世界中でバカ売れしてるらしい!  今年の1~5月のプリウスの世界販売台数は、昨年の42位から3位にジャンプアップ! 約2倍の大増加で銅メダル獲得中だ! ヒエ~どーもスイマセン。 ⇒車名別世界販売台数ランキングはコチラ
(https://nikkan-spa.jp/?attachment_id=287906)
車名別世界販売台数ランキング

日本ではプリウスに主役の座を明け渡し、現在は5~6位ぐらいを低迷しているカローラだが、世界全体ではまだトップに。こちらはプリウスと違い、世界でまんべんなく売れているようです。スゲエ

 が、その内訳を調べてズッこけた。相変わらず7割近くが日本国内じゃん……。  この世界統計の「プリウス」には、ワゴンタイプのプリウスαと、アクア(海外名プリウスC)も含まれている。昨年12月に発売されたアクアは日本で超バカ売れ中で、プリウスも相変わらずの大人気。つまり、「プリウス」の世界大躍進は、その大部分が日本のエコカー補助金の成果だったのだ!  ま、それはそれで善し。日本でバカ売れするだけで、銅メダル獲れることがわかったんだから。日本の市場規模も捨てたもんじゃないな。ガンバレニッポン!!  ということで、今年もやってきました、富士スピードウェイの「エコカーカップ」。ハイブリッドカーが、速さと燃費の総合点で戦うという、大変ハイブラウなレースである。世界第3位の販売台数を誇るプリウスやアクアが覇を競うのだ。当然世界中から取材メディアが殺到……と思ったが、ガイジンはゼロ。観客席には50人くらいっきゃいませんでした。ガックリ。  それでも我々は戦わねばならぬ。まだ世界には理解されぬが、これは世界最先端のハイブラウなレースなのだ。いずれF1も速さと燃費の総合点で勝敗を決めるようになるだろう。それまでの辛抱だ。 【後編】に続く⇒速さと燃費を競うエコカー対決でトヨタに大勝利
(https://nikkan-spa.jp/287898)
― 速さと燃費を競うエコカー対決【1】 ―1962年東京生まれ。慶大法卒。編集者を経てフリーライター。『そのフェラーリください!!』をはじめとするお笑いフェラーリ文学のほか、『首都高速の謎』『高速道路の謎』などの著作で道路交通ジャーナリストとしても活動中。清水草一.com
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事