デジタル

iPadを持っていてもiPad miniが欲しい理由

【Apple iPad mini Wi-Fiモデル】


’12年11月頭にiPad miniのWi-Fiモデル(実勢価格 2万8800円~)が発売され、月末にはWi-Fi+セルラーモデルが登場した。ディスプレイは7.9インチのIPS液晶で解像度は1024×768ドット。幅134.7×高さ200×厚さ7.2mm、重量は308gと薄型軽量ボディで、iPhoneとiPadの中間に位置するモデルとなる。さっそく注目のiPad miniの物欲刺激度をチェックしてみよう

Apple iPad mini Wi-Fiモデル◆最強の電子書籍リーダーはコレ!? 軽量スリムなiPad miniが登場

 7.9インチ液晶を搭載したiPad miniが登場。7インチ前後のAndroidタブレットが好調ななか、待望されていたiOSデバイスだ。

 4インチディスプレイのiPhoneと9.7インチのiPadを持っているユーザーの場合、miniの出番はあるのか?というギモンを感じることだろう。筆者も同感ながら、即入手して使い倒してみた。

 薄くなったと言われたiPhone5よりも薄く、iPadの半分以下の軽さ。ボディの高級感はAppleならではで、端末の出来は文句なし。A5プロセッサを搭載しており、動作も軽快だ。

 ディスプレイはRetinaではなく、通常のIPS液晶となっており、解像度は1024×768と低い。確かに、Retinaディスプレイを見慣れていると粗さは感じられるが、そんなに気にならない。そのぶん、3万円を切る価格で手に入るのだから、よしとしよう。

 とりあえず持ち歩いてみたところ、miniの重さはほとんど感じられなかった。iPadなら明らかに重くなるが、miniなら文庫本1冊分程度。必要かどうかを考えず、常にカバンに入れておける。電車の中で閲覧するのにもいい感じだった。混雑していても、miniなら気にせずに利用できる。ただし、iPhoneのように片手でホールドしつつ操作も行うということは難しい。ページめくりなどを行うときは両手が必要になる。手すりやドアなどに寄りかかりながら使うといいだろう。

 画面が大きいぶん、SNSの利用やウェブの閲覧は、はるかに快適だ。なかでも、電子書籍の閲覧には本と同じくらいの大きさのminiが読みやすかった。長時間の利用でも軽いので苦にならない。バッテリーも最大10時間使えるので安心できる。

 1台目でも2台目でも、筆者のように3台持ちでも満足できる端末。タブレットを選ぶ際の最有力候補となることは間違いない。

■ITライター柳谷智宣の物欲刺激度 3/3

最近、SNSの利用時間が増えているので、中型タブレットを活用中

■ 編集担当Kの物欲刺激度 3/3

タブレットは初代iPadをいまだに愛用しているワタクシ。普段、1.5kgのノートパソコンを持ち歩いているので初代でも十分軽いと思っているのだが、さすがにパソコンと一緒に持ち歩こうとは思わない。しかしiPad miniの軽さなら、ノートパソコンと一緒に持ち歩ける。Wi-Fiモデルを買うかも

ハッシュタグ




おすすめ記事