エンタメ

SKE48 初の紅白単独出場でバク宙を決めたメンバーとは?

 12/31ついにSKE48が紅白に単独出場を果たした。

 そんな栄えある日を振り返りながら、偉大なるパフォーマンスを成功させたメンバー達を振り返る。

SKE48

写真は10thシングル「キスだって左利き」のPV衣装

 始まる前の紹介の際に、まず珠理奈が先陣をきり、得意(?)のダジャレで、「こう、迫(紅白)力のあるステージにしたい」と語った。そして、ステージでは6thシングル「パレオはエメラルド」を披露。

 途中、メンバーの須田亜香里がバレエ仕込みのターンを披露する。事前会見で松井玲奈が語たったメンバーの個性が披露された一幕だった。

⇒【須田亜香里】の画像はこちら
http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=362842


 そして、何より会場を盛り上げた人物をここで紹介したい。

 彼女の名前は藤本美月。通称みっきー、一部でふじもんとも呼ばれている。彼女はなんと曲の間奏部分で見事にロンダートからのバク転・バク宙を決めてみせたのだ。

⇒【藤本美月】の画像はこちら
http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=362844


 実はまだ彼女は研究生という立場なのだ。以前、日本ガイシホール(名古屋市)で行われたコンサートでも同様の技を披露しているが、全国への生放送、そしてなにより紅白歌合戦という大舞台で見事に成功させたその精神力を評価してあげたい。また、藤本は「5期生のおかあさん」と呼ばれるなど周りへの面倒見も良く、料理が得意という一面も持つ。
 
 最後は62人全員で虹を意識したようなラインパフォーマンスを披露し締めくくったSKE48の紅白歌合戦。まだなかなか個人個人が知られていないSKE48ではあるが研究生のなかにも藤本のようなメンバーが埋まっている。今後、その一人一人がより光り輝いていくことを期待したい。<文/ヤスオ 写真/日刊SPA!取材班>

●【SPA!】SKE48謎解きParts 
https://plus.google.com/104029019402983388967




おすすめ記事