エンタメ

アフィリア・サーガインタビュー「私達の可愛さにみんな洗脳されればいい!」

 毎週末【週末アイドル情報】と題して、週末に行われるアイドルイベントをまとめている筆者DDマツです。今回、そんなDD(誰でも大好き)な私がインタビューしたのは、来年台湾を含む全国7か所のツアーも決まりますます勢いに乗る「アフィリア・サーガ」から、ルイズ、マホ、コヒメの3人。年の瀬ということで今年1年を振り返ってのことや、来年の目標などについて聞いてきました。

アフィリア・サーガ

ルイズ

――まずは自己紹介をお願いします。

ルイズ:アフィリア・サーガの委員長であり初期メンバーであり、店舗は池袋店にいます。ルイズです。よろしくお願いします。

マホ:アフィリア・サーガの妹担当で5期生、店舗は上野、アフィリアシェリーズで働いています。マホです。よろしくお願いします。

コヒメ:はい、コヒメです一番ちっちゃいです。身長140センチです。でも初期メンバーです。よろしくお願いします。

――では早速ですが、もう年末も差し迫ってまいりましたが、今年やれてよかったお仕事や、達成できたことについて教えて下さい。

ルイズ:私はラジオ関西で『あふぃ☆ラジ』という番組を持たせて頂いていて、それがなんと(番組開始)1年達成しました!

マホ&コヒメ:いぇーい!

ルイズ:パーソナリティって、半年で交代があったりとか、改編時期で終わってしまったりあるんですが、チェンジされることもなく、クビになることもなく、続けられたのは達成感あります。

――ラジオは元々お好きなんですか?

ルイズ:ラジオは元々好きでした。中学生の時とか……まぁ今も”中等部3年生”なんですけど……(編集部注※アフィリアのメンバーは「王立アフィリア魔法学院中等部に通う2年生と3年生という設定」)、受験勉強しながらとかずっと聞いてて、それからは昼間でも家にいるときはラジオを聞きながら生活しているくらい、憧れの仕事だったので、まさかラジオの仕事に携われるとは思っていなかったんです。ラジオに投稿して、ハガキを読まれる「ハガキ職人」みたいな、投稿を読まれるのを楽しんでいた側の人なので。

――元々ハガキ職人だったんですか!?

ルイズ:そうなんです。あと、電話がかかってきてそれに答えたりしてました。

――ということは、その時の様子はどこかに貴重な音源として残っているわけですね

ルイズ:文化放送さんとかに……自分が出たやつは家に録音したのが眠ってます(笑)

アフィリア・サーガ

マホ

――ファン垂涎の音源がルイズさんの家に眠っているんですね……! ではマホさんは今年どうでしたか?

マホ:今年はアフィリア・サーガが目標にしていた『アニソンを歌う』ということが達成できて、夏に『超次元ゲイム ネプテューヌ』のEDを歌わせていただいて。そしたらすぐに『俺の脳内選択肢が、学園ラブコメを全力で邪魔している』の主題歌の話が来て、私達も何がなんだかわからなくなるくらい嬉しくて、決まったときはみんなで泣きましたね。“主題歌”っていうのは特にアニメの顔なので、すごい嬉しかったです。

――そういう嬉しい発表みたいなのってどういう場面で行われるんですか?

マホ:ワンマンライブの時に、ライブがひと通り終わったところに、角川の社長の方? が楽屋に来てくれて、「今度アニメの主題歌やっていただきます」って言っていただいて「えー!!!」みたいな

コヒメ:あのとき来てくれたのって、社長?(笑)

ルイズ:代表取締役?(笑)

――とりあえず「偉い人」だったんですかね……?

全員:そう! 偉い人!!

アフィリア・サーガ

コヒメ

――では「偉い人」ということにしておきましょう。コヒメさんは今年振り返ってどうでしたか?

コヒメ:今年は一大転機としまして。「アフィリア・サーガ・イースト」として活動してきたところから「イースト」をとって「アフィリア・サーガ」として活動を始めた年でした。東から生まれたユニットが、東を取っ払って、より全国的に活動していく意志の表明として東の「イースト」をとったんです。今まではワンマンライブも東京中心だったんですけど、これを機に東名阪の3ヶ所回ることが出来て、大きな進歩だったなと思います。

――地方に行く機会が増えて、ファンの方の地域的な特色とかって見えてくるものですか?

コヒメ:さっきのルイズのラジオ関西の話もありましたが、関西の先輩(アフィリア・サーガではファンのことを「先輩」と呼ぶ)が増えたなっていう印象があります。名古屋でも『アイドル界隈』っていう半レギュラーの番組があって、それのお陰で東だけでなく西の方にも先輩が増えてくれたなっていう印象の1年でしたね。

――それは充実した1年ということですね。では逆に今年やり残したこと、心残りはありますか?

ルイズ:今年に限ったことではないんですけど、握手会で隣にユカフィンがいるとユカフィンと握手してるお客さんが「今日のライブ良かったよリーダー!」って言ってるのをちょいちょい見るんですよ……

マホ&コヒメ:えー!

ルイズ:「え!私は!?」ってなることがホント多くて……(笑)

マホ:ネタでやってるんじゃないの?

ルイズ:いや、本気で(笑)やっぱりユカフィンは行動力もあってグイグイいくタイプで目立ってリーダーっぽく見えるんだと思います。毎年「今年はリーダーっぽく見せていこう」って目標を持つんですけど、今年もあんまり……なので来年こそはリーダーとしての威厳を発揮していきたいなと思います!

――意地悪な質問かもしれませんが、メンバーから見てリーダーとしてルイズさんはどうですか?

コヒメ:ルイズ以外ありえないと思います!!

マホ:私もそう思います!

――それなら安心ですね!ではマホさん、今年やり残したことありますか?

マホ:私も毎年言ってることになってしまうんですけど、そろそろ水着グラビアやりたいんですよね。

コヒメ:ずっと言ってるよね。

マホ:加入してからずっと言ってるんですけど、2年位前に他のメンバーが5人位でグラビアやったことがあって、その時に選ばれなくて!! 悔しくて「次の水着の仕事は私にください!」ってずっと言ってるんですけど、それ以来水着の仕事来なくて……このまましおれちゃうんじゃないかなって(笑)

ルイズ:いやいや(笑)でもマホのスゴいところは撮影会で「衣装各自好きに決めていいよ」ってなった時にみんなロリータ服とかコスプレとか選んでる中、一人だけ水着で!

マホ:「何でも良いよ」って言われたので「なんでもいいなら脱ごう!」と思って(笑)

――それはどういう感情なんでしょう……?「私を見て!」的なことなんでしょうか?

マホ:私、学生の頃からグラビア見るのがすごい好きで。私女のコの一番可愛い姿って「肌がいっぱい出てる」ことだと思っていて(笑)だからいつかやってみたいなと思っていて。

コヒメ:マホは脱ぎたがりなんだと思います……

マホ:私は「一番可愛い私」を見て欲しいんです!!(笑)

――こうやって言い続けていつかお仕事が来るといいですね。この記事がきっかけになると僕も嬉しいです。

マホ:じゃあ太文字で書いておいてください!「マホはグラビアがやりたい!」って!

――頑張ります……ではコヒメさん、今年やり残したことはありますか?

コヒメ:私はずっと声優がやりたくて、今はアミュレートという事務所に所属させていただいて、毎週事務所のレッスンを受けているんですが、なかなかオーディション合格しなくて……今年はモブとしての出演は叶ったのですが、「少女A」とかではなく、役名のあるキャラクターの声をやらせていただけるようになりたいなって思っています。

――なるほど、声優の道はきっと狭き門ですもんね。では、少し重複してしまう部分もあるかと思いますが、来年の目標について教えて下さい

ルイズ:全国ツアーが決定していまして、以前の東名阪にプラス、北九州、広島、京都、台湾とワンマンライブをやることが決定しているのですが、今回新しく回る場所は特に、まだまだアフィリア・サーガを知らない人だらけだと思うので、もっと、一人でも多くの人に「アフィリア・サーガ」という名前を「変なカタカナの羅列」だと思われないように!名前が知れ渡るようになりたいですね。

マホ:私も! もちろんさっき言っていたグラビアもやりたいんですけど、ルイズと同じでアフィリア・サーガ自体の知名度アップが目標ですね。

――知名度アップのためには何が必要だと思いますか?

ルイズ:CDをリリースした時に、ランキングに入ると、全く私達を知らない人にも、ランキングを取り上げる雑誌やテレビ番組で見てもらえると思うので、ランキングの上位を目指すっていうのはありますね。

マホ:雑誌の表紙とか! テレビのCMとか、無意識にみんなが見るそういうメディアに出て、アフィリア・サーガの可愛さにみんな洗脳されればいいなって(笑)

――マホさんの水着見たらみんな「誰だろう!?」って気になると思うので、グラビアのお仕事が来ることを願っています。ではコヒメさんはどうですか?

コヒメ:今年、アニメの歌のお仕事がもらえたので、来年はもっともっとアニメ主題歌とかのお仕事をいただいて、アニソンシンガーとしてアフィリア・サーガが認識されるくらいになりたいなって思います。今年と去年、2年連続で出させていただいた『Animelo Summer Live』をホームと呼べるくらいになりたいですね。

――「アニソングループのアフィリア・サーガ!」になる日が来ることを待っています! では最後にファンの皆さんにメッセージをお願いします。

ルイズ:来年のアフィリア・サーガは、オーディションも行い、新メンバーも増えますので、どんな色に変わっていくのか、私達も楽しみです。ぜひ私達と一緒の時間を過ごしてくれればなと思います。

マホ:関東に住んでる先輩は、せっかく近いんだから、たくさん会いに来てください!遠くに住んでる先輩には、ツアーで会いに行くので楽しみにしててね!ハート!(笑)

コヒメ:先輩のずっと変わらない応援のお陰で故郷小倉での公演が決まりました。ありがとうございます。この調子でまだまだ私は駆け抜けていきますのでついてきて下さい!

――僕も応援しています!ありがとうございました。

ルイズ&マホ&コヒメ:ありがとうございました。

⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=559552

 来年2月19日には『5thワンマンライブ~恋の百年戦争~日本青年館』のDVD、Blu-rayも発売が決定しており、春からは台湾を含む全国7ヶ所ツアーを行ったり、新メンバー加入オーディションなど、来年もアフィリア・サーガ、要注目です!

<2014年ワンマンツアー情報>
アフィリア・サーガ5周年ワンマンライブツアー
初の海外ワンマン公演(台湾)を皮切りに7都市で開催!
台湾公演は公式ツアーも予定されている

3/22(土)台湾(台北) The Wall
4/12(土)名古屋 CLUB DIAMOND HALL
4/19(土)北九州(小倉) あるあるYY劇場
4/20(日)広島 CLUB QUATTRO
4/26(土)大阪 CLUB QUATTRO
4/27(日)京都 FANJ
5/17(土)東京 TOKYO DOME CITY HALL

DDマツ【DDマツ】
日刊SPA!編集部の雑用係兼『週末アイドル情報』担当。AKB48をきっかけにアイドルオタクになる。その後色々なアイドルを見るうちにDD(誰でも大好き)化していった。今回のインタビューが今年最後の取材の仕事だった。twitter:@DDmatsu

<文/DDマツ 撮影/西田周平>




おすすめ記事