被災エリアは広大な更地に…写真で見る石巻市

【3】宮城県石巻市

女川に向かう幹線の中央分離帯に残された巨大看板

ガレキが撤去され、広大な更地となった被災エリアには雑草が生え、半年という時間の流れを感じさせる。石巻市の基幹工場である、日本製紙石巻工場が9月16日、操業を再開。復旧に向けて、少しづつ進んではいるというが、9月11日現在でも、45の避難所で1200人超の人が避難所生活を送っている。

⇒【4】水に沈む横断歩道……宮城県女川町 に続く
http://nikkan-spa.jp/62664


取材・文/週刊SPA!編集部

― “復興”からは程遠い…写真で見る三陸沿岸の現在【3】 ―




おすすめ記事