地盤沈下は最大89cmにも…写真で見る女川町

【4】宮城県女川町

最大で89cmの地盤沈下も大きな問題となっている

陸前高田市同様、市街地が壊滅的な被害を被った宮城県女川町。海鳥の泣き声、行きかうダンプの音だけが響く。電力やガス、道路といった街のインフラの復興状況を示す「生活基盤の復旧指数」(※1)は、8月末の段階で女川町は63だという。が、そんな数字よりも、目の前に広がる光景がすべてを表していた。

※1:公益法人「総合研究開発機構」が公表。震災前を100として、電力、ガス、道路などの復旧、がれき撤去状況などの復旧状況を指数化したもの


取材・文/週刊SPA!編集部

― “復興”からは程遠い…写真で見る三陸沿岸の現在【4】 ―




おすすめ記事